2004年05月08日

考・贈与

妊娠して先月付で退職した子の為に、プレゼントを買ってきて欲しいと上司に頼まれた。予算は5,000円。

箱の中身は…?プレゼントって、もらうのは嬉しいけどあげるのってけっこう大変だ。商品選びとか。しかも田舎なんで店が少なくて選択肢が狭い。
妊娠したとはいえベビー服をあげるわけにもいかないし、同僚に相談してみたら『カバン』と『食器』という案が出たので見に行ってみた。

就業後近くのスーパーへ。1階のカバン売り場ではどうも高校生諸君が持つような若いデザインばかり。うーん。当然のことながら5,000円でブランドものは買えないし。安くても可愛いデザインならアリかなと思ったのだけどそれも無い。ということなので食器を本格的に見ることにした。

まだ余裕。

食器の品揃えが結構よかったのでもう食器にしちゃおうかな、なんて思いながら見学。あ、そういや遅くなるって家に電話しなきゃ。
ルルルル…

羊『もしもし?おかん、あんな、今日Nさんへのプレゼント買って帰るから遅くなる。で、何がいいか悩んどんねんけどなー』
母『あんた、食器はやめときなさいよ。』
羊『え?食器にしよか思ってたんやけど…』
母『柄が違うのもらっても嬉しくないやろ。で、会社の人は何て言うてたん?』
羊『いや、食器がいいんちゃう?って言われたんやけど…』


振り出しに戻る。

結局紆余曲折を繰り返しフォトフレームで落ち着いた。明日の歓送迎会でこれを渡すのである。喜んでくれるかな。

プレゼントをもらった時、もらった事よりもプレゼントを選んでる時に自分の事を思い出してくれてたんだなぁ、ってのがすごく嬉しかったりする。私は好きでもない男子に豪華なプレゼントをもらうくらいなら、好きな男子に安いお菓子でも買ってきてもらった方がよっぽど嬉しい。

昔バイトしてた時、私の事を気に入ったお客さんが持ってきたプレゼント(貢ぎ物?)がゲーセンで釣ったキティちゃんのぬいぐるみ。何でも、そのために2,000円を費やしたそうだ。でも悪いので『ありがとうございますーかわいいなー』なんて切ない嘘。大人の世界にはこんな嘘も必要なのよ。
私はどう見てもキティちゃんとか可愛い系のキャラが好きそうに見えない風貌。バイトの先輩が『えー、お前にキティなんて似合うか??』と私を罵る。いや、ホントの事なんだけど面と向かって言われたら結構傷つく。結局かわいそうなキティちゃんは店長の娘の玩具用に引き取られ、翌日故障しましたとさ。

本音・その2,000円を現金でくれた方がよっぽど嬉しかったです。
posted by 羊 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。