2004年08月10日

あさがえり

犬を飼っているのだが、鎖が古くなったので切れてしまい昨夜離れてしまった。

あー やってられっかよーいつもなら1,2時間そこらへんをうろついたら帰ってくるのだが、
夏のアバンチュールを求めてか飼い主に似たのか深夜徘徊を繰り返し夜通し遊んでいたようだ。

捕まえようとしたら吠えて恫喝するし、かといって相手にしなけりゃ甘えてくるしで、追いかけられると逃げたくなる 背を向けられると不安になるという古内東子の誰より好きなのにの歌詞さながらの動き。
母上が寝ようにも(両親は1階で就寝。私は2階。)窓際までやってきてはクンクン鳴くらしい。母性本能くすぐり作戦?どうする、アイフルの見すぎ。

午前5時。母上隊員の捕獲作戦も失敗に終わり(噛み付き未遂事件発生)、でもまぁしばらくしたら戻ってくるわ、と、ここで我々は認識の甘さを後悔することとなる。

午前6時。
家の電話が鳴る。
どうやら近所の家にお邪魔しているらしい。母上隊員がすぐさま羊隊員の出動を要請。
『ユウコちゃん家の犬に噛み付いてるんだって。』
『え?あのシベリアンハスキーに?』
まっさかぁ。小柄な柴犬が大型のハスキーに噛み付くなんておかしなことが…



現実にあった。
ユウコちゃん家にたどり着いたらそこは阿鼻叫喚の地獄絵図。
逃げるハスキーに吠える・噛み付くなどの暴行を繰り返す柴犬。
しかも圧倒的に柴犬圧制。

ヽ(`Д´)ノウワァァァン
連れて帰るどころの騒ぎじゃないよ…ママン。

事態は収拾が着かないかと思ったその時、救世主が現れた。
メシア!祖母隊員!いつも『今日は仕事だ』って嘘ついて遊びに行ったりしてごめんね。更生するよ、私。
戦闘会場からすぐの畑から戻ってきた祖母の姿を見てなぜかおとなしくなった。そしてもう呆れ返って放置状態にされた犬は相手にしてほしそうに甘えながらトボトボと帰宅 投降。

うれし恥ずかし朝帰り。
posted by 羊 at 23:01| Comment(4) | TrackBack(1) | ゆゆしきダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世の中は、広いようで狭い?

嘘みたいなほんとの話。

のほほん*のほのさんとは、ゆゆしきひつじたん(フェルト製羊)を送ってもらった縁で仲良くなりました。

ほのさんが岡山にお住まいとのことで『私も学生時代岡山に住んでたんですよー。後楽園の近くで』なんてちょっとした偶然だなーって思いメールを送りました。

その返信で、『私も後楽園の辺りに住んでました。浜とか西川原とか原尾島の辺りでしょうか?私は浜に住んでましたよ』って、もしかして同じ大学だったのかな、なんて思いながら『私も浜に住んでました。1丁目です。』って返信。奇遇だなぁ。ネットで知り合った人が、そんな近くに住んでたのかぁ。不思議。なんて思ってたら。

今夜ほのさんからメールがやってきました。
『ナニを隠そう私も1丁目に住んでました。〜〜〜(アパート名)ってとこに』
エー!
にゃにをー
マジでー!

私もそこに住んでたよ!!
いや、ほんとに。ネタじゃなくって。
隣のアパートとかじゃなくって、ホントに同じ。本気と書いてマジと読ます。

普通に生活してても、知り合った人が同じアパートに住んでいたなんてめったにないのでは。
それが、ネット上でお互いどこに住んでいるのかも知らないまま知り合った人と同じ市の同じアパートに住んでいたなんて。


みなさんもそんな経験おありですか?
私はあまりもの偶然にサブイボが出ました。チキン肌ね。
posted by 羊 at 22:25| Comment(7) | TrackBack(1) | ねとねとネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。