2004年10月14日

音楽のある生活

Yesterday Once More (Rmst)
The Carpenters
私が通っていた中学校では、下校時刻になるとカーペンターズの『Yesterday once more』が流れていた。
しかも、一度や二度では飽き足らず延々30分くらいは流れていた。
曲名が解らず友人たちとずーっと『あ、エビシャラララ(every sha-la-la-la)だ。』と言い続けていた。歌いだしの『When I was young(私が若かった時)』が『When I was John(私がジョンだった時)』だと思っていた。『エービーシャラララー』と口ずさみながら部活の片付けをし、下校の準備をする、という生活を3年も続けていたら、中学を卒業して10年も経つのに『Yesterday once more』を聞いたら『あ、帰らなきゃ』という気になってしまう。見事なまでのパブロフの犬状態。

音楽は、いつしか生活に溶け込んでしまう。最初は違和感があっても、いつしか耳になじんで自分の一部になっていく。

最近サントリーウイスキー『北杜』のCMで流れている曲が、バーでバイトしてた時によく流れていて懐かしいなーと思い出した。
Lullaby of Birdland
Lee Quartet Konitz

EGO WRAPPIN'が歌っているのかと思って調べてみたら、UAが歌っているようでした。
『Lullaby Of Birdland(バードランドの子守唄)』という曲だそうです。
しかし、アレを聴くとどうも『飲みたい』っていうよりも『あ、働かなきゃ』という気にさせられるのは考え物だ。
今度仕事やる気が無い時にかけてみたいものだ。毎日だけど。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。