2004年10月23日

おとなのひつじ

ゆうべ、弟(23歳彼女なし)がめずらしく飲酒していた。焼酎の湯割りなんて。

その様子を遠巻きに見つめていた祖母が弟に問う。
『ヒロくん、何飲んでんの?』
『え、焼酎。』

『まぁ、無理して大人の真似事なんてして…』

おいおい、もう23歳だぜよ。おばば様よ。立派な大人だぜよ。下の毛は知らんが、すね毛剛毛のボーボーだよ。

祖母にとって、いつまで経っても子どもなのかなぁ。

しかしその姉(私)は、18歳で魚民で焼酎のボトルキープをし、19歳で日本酒にはまり、20歳のときに友人(女子)と飲みに行き『あんたおっさんくさいもんばっか頼みすぎ』と嫌われたことを祖母は知らない。
posted by 羊 at 15:49| Comment(4) | TrackBack(0) | ゆゆしきダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。