2004年11月24日

テーバック

職場にとある大手建設会社(ゼネコンっていうの?)から会議室の予約の電話があった。

同僚が以前小さな建設会社で事務をしていて、その大手建設会社(ゼネコンっていうの?)に用があって行ったという話を聞いた。

同『あそこは事務に女の子がいなくってねー』
羊『へー。』
同『お茶も若い男の子が入れてくれたよ。』

ってことは、そこへ赴けばスーツ(または作業服)姿の若い男子が私のためにお茶を淹れてくれるってこと?

いましばらくお待ちくださいませ

私も早くとある大手建設会社(ゼネコンっていうの?)に早く用ができないものかとワクワクしているのだが。忘れ物とかしてくれてもよろしくってよ。
posted by 羊 at 15:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆゆしきトラックバック

あーあーあー最近いろんなとこで見かけますので、私も一度トラックバックについての考えを表明してみたいと思います。

まず、非ブロガーの皆様やトラックバックバージンの為に説明しますと。トラックバックとは簡単に言うと『記事へのリンクをお知らせする機能』みたいなものです。
goo辞書ではこう説明されています。
インターネットのブログで,相手記事(エントリー)に対して,自分の記事へのリンクをはりつける機能。また,その行為のこと。相手記事の内容を,自分の記事で引用・言及する場合などに用いる。


しかしこの便利なトラックバックという機能も、なかなか物議をかもし出してるみたいです。なのでゆゆしき羊も何か言及しておこうと思ったのであります。しかしあまりあれやこれや言って敷居が高くなって『あいつって高飛車で超むかつくんですけどー』みたいな事になってもイヤなので最小限の事だけ書きました。

1.トラックバックはお気軽に。

ゆゆしき羊の記事を読み、『羊たん、私はこう思うよ』と意見などを書いてくださったり、『羊たん、この記事の事でこんなこと書いたから見に来てみて』というお知らせ的トラックバックは大歓迎であります。コメントでのトラックバック報告は不要です。『すいません、初めてなのにいきなりこんなとこ呼び出して…』と、羊バージンのあなたでも、いつもニヤニヤ羊の事を見ている人でもオールオッケーでございます。

2.トラックバックスパムはお断りさせていただきます。

明らかに記事と関係ないとされるトラックバックはこちらで削除させていただく場合もございますがゆえご了承ください。

3.希望として、元記事(ゆゆしき羊のURL)も貼ってくれると嬉しいな。

私が書いたのもできれば他の人にも見ていただけたら嬉しいので、できればURLも貼ってくれると嬉しいな。今のところトラックバックにトラックバックで返すという行為は考えておりません。

4.文の引用も可能でございます。

Web上に公開した以上、記事は私ひとりのものではなくなったと考えます。ただし、あのへぼへぼイラストの転載はご遠慮ください。

以上がゆゆしき羊の見解でございます。

これからも楽しくゆゆしき羊を楽しみましょう。なんだ変だな。頭痛が痛い、危険が危ないなどの言葉にあるような違和感を感じる。
posted by 羊 at 15:03| Comment(5) | TrackBack(1) | ゆゆしき羊について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Don't think.Feel!(こうさぎ)

hitsujiの、男子を行為したかもー。
どんこが同僚みたいな保証すればよかった?
きのうどんこが、ここでターゲットへ也するはずだったみたい。
hitsujiは、
恋い匹鵑且ちるというよりは、恋い匹鵑且ちる瞬間って、いったい何を考えているかな。
なんていうか、そういう時ってやっぱり相手を少しは意識してるし、恋をしちゃいました状態に気づくといったほうが正しいのかもしれない。

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「どんこ」が書きました。
posted by 羊 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆゆしきダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。