2004年12月24日

続・小粋なトーク または 空気読めの話

前回の記事・小粋なトーク(っていうか昨日書いたからすぐ見られるけど)

すっかりうちの祖母の事を取り上げてて最も身近にいる話の腰折娘さんがいたのを忘れてた。私と同じ仕事をしてるいわば相方の彼女。彼女の信条は『話したい時に話したいことを話す』だそう。

一度、私が他の同僚とかなりマジメに仕事の事で論議していた。飛び交う意見。白熱する二人。
すると彼女がいきなり『ねえねえ、ちょっといいかな?』と入ってきた。てっきり意見でも言うものなのかなと思っていたら『でも、ごめん今の話とはあんまり関係ないんだけど』と言う。でも何か用があるのかもしれないし『いいよ』と答えたら。

『○○さん(同僚)ってさ、誰かに似てると思ってたら高校の時の担任に似てるんやわ』

関係なさすぎでは…。
正直言ってそんな会話を割り込ませるような空気ではないくらい真剣だったんだけど。そんなのわざわざ割り込んでまで言う話なのか?と、小一時間問い詰めたい…と私は思うんだけど。そうだよね。
posted by 羊 at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょきょきょ

私はちょっと平均より胸が大きいんだけど、バイト時代にある社員の人に言い寄られていい加減むかついてたんだけど、一度酔った勢いで『君のおっぱいに惚れた』とか言われてドン引きしちゃった。たとえいいなと思ったきっかけがそこでも言わないのがマナーってもんじゃないのか。

これって男女で全然フェアじゃないと思う。女子が男子のを拝見するのって、やっぱりかなり親密になってからだってのもあるけど。よく雑誌とかで『男子はアレの大きさを他人と比べられると傷つきます』みたいな事書いてるけど、じゃあ男子も同じように女子の胸の大きさについて触れないのがマナーだと思うんだけど。女子の方が着衣でも見える分比べやすいのはあるとはいえ。

だからそういう話をされたら『じゃあお前ら順番にズボン脱いでいけや』と思ってしまう。それもどうかと思うが。
posted by 羊 at 10:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。