2005年03月04日

サラミストリート

こ゛ん゛に゛ち゛は゛、羊゛です゛。
風邪を引きました。だので今日は鼻声でおとどけしばす。って、タイプには全く支障ないですね。

いつの時代にも、親が子を思う心。

一人暮らしをしていた時のことである。
実家に戻ったらやはり持っていけばよかったと思う本が何冊かあったので宅急便で送ってもらうように頼んだら、後日大きなダンボールがやって来た。

まあたぶん親心で何か入れてくれたのだろう、と思って開けてみると大量のサラミが入っていた。
サラミについて特に執着する心もなければ特に好物でもない。
サラミをかきわけると目的の本が入っていた。伝票には書籍と書いてあるがこれじゃ品目・サラミじゃないか。

しかしなぜ、ダンボールいっぱいのサラミを送ろうという気持ちになったのか。親の目からはそんなサラミに飢えた子に見えたのだろうか。
posted by 羊 at 11:58| Comment(10) | TrackBack(0) | ゆゆしきダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。