2004年04月29日

サディスティックなマゾヒズム

先日の記事で、私はサドでもマゾでもないオールマイティだという診断が出ました。

私は小さな頃いじめられっ子で、女子からいじめられたことって無くほとんどが男子からで幼心に「男って、しょうもないことばっかするもんだな」と思っていたし、どこか冷めた目で見てたと思う。だっていじめる原因が「学校の帰り道で俺より先を歩いていた」といった類の非常にくっだらない内容だし。いまどき三歩後ろを歩けってのも流行んないしねぇ。

いじめられっ子はMになりやすいという話をどこかで読んだ覚えがあって、そうなのかぁ、と思い込んでいたところもある。

しかし何年か過ぎて、男子が許しを請う姿を見るのがすごく楽しい事に気づいた。一種の防衛機制だろうけど、きっと謝っている姿に過去にいじめられた男子を投影してるんだろう。で、自分に謝っているような気になって私は満足してるんだろうな。

でも、なんだかんだ言ってもやっぱ男子が好きなんだけど。この辺の心理はよく解りません。
posted by 羊 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129591

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。