2004年12月17日

A grave sheep

cucumber papaこないだ胡瓜(きゅうり)というのが英語でキューカンバというのだと知りました。

綴りはcucumber.あれ、これ、誰かのブログで見かけたような?と思い出すとあ、そうだ、あのカエルさんのブログだ。と思い出しました。同じSeesaa内、nookさんの『cucumber papa』というブログです。(画像をクリックするとジャンプします。)

私はずーっと読み方が解らなくってずーっと『キュキュンバー パパ』と読んでいました。『キューカンバ パパ』と読まなきゃいけないんだろうけどどうも今も心の中で『キュキュンバー パパ』と読んじゃいました。ごめんねnookさん。

初めてみる英単語でもだいたいあてずっぽで発音してたら合うんだけどなぁ。もしかしたらこの調子で他の方のブログタイトルも間違えてるかも。
posted by 羊 at 13:09| Comment(7) | TrackBack(0) | ゆゆしきダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はたして間違っているのは英語のサイトだけでしょうか?
ちなみに私の所は『ひびぜぶろぐ』です(大嘘)
Posted by 電算担当者 at 2004年12月17日 15:41
あははは〜ご紹介どうもです〜〜

Blogタイトル、初めた当初あんまり真面目に考えてなくて最初カエルでポン」だったのでした。さすがにすぐやめましたが。

「気まま・わがまま・茄子がママならキュウリがパパ」

という意味でございます。

これからもお気軽にキュキュンバー(愛称)とお呼びくださいまし。
Posted by nook at 2004年12月17日 15:46
★電算担当者さん

えぇーどうしよう。ひびぜぶろぐだったなんて…
私、知らなかった…(乗らなきゃ気がすまない性格なのです)

★nookさん

こちらこそいきなりお伺いもなく紹介してしまいました。

でもすぐ忘れてまた『キュキュンバー』って言っちゃいます。キューカンバ。キューバを思い浮かべながら覚えよう。
Posted by 羊 at 2004年12月17日 16:28
ある日うちの社長(70歳)が、「キューカンバー、キューカンバー…」と唱えながら職場にきたとき、「ついに来たか!?(何が?)」と恐怖におののいた記憶があります。
理由は羊殿と同じく、初めて知った喜び(?)とのことです。
Posted by じもん at 2004年12月17日 16:34
★じもんさん

なんでまた『キューカンバー』と唱えながら出勤してきたんでしょうか??
しかしきゅうりを英語で、ってもっと他の語感かと思ってました。ピクデフとか(←適当)。
Posted by 羊 at 2004年12月17日 22:46
「おばけのQ太郎」で,ドロンパに「君はまるでヒポポタマスのようだ」といわれて,どこかのえらい学者だろうと喜んでいたら,実は英語でカバのことだった,という話を思い出しました.

20年くらい思い出したことのないことが,いきなり蘇ってきましたよ.

でも,ヒポポタマスですよ.ヒポポタマス.
Posted by seia at 2004年12月19日 00:19
★seiaさん

じ、実は私、井蛙望洋が読めなかった…

ヒポポタマスですか。ツッコミどころ満載ですね。
Posted by 羊 at 2004年12月19日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1320863

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。