2005年01月09日

発見伝

新聞を読んでいたら、飲食店の紹介が載っていた。なんでも『大人の隠れ家的なお店』というのが売りだそうだ。

そういえば以前出かけた先で『隠れ家』という居酒屋を発見したことがある。しかしこれでは全然隠れてないではないか。隠れている事を大々的に打ち出している。
隠れ家なら隠れ家らしく、『えぇー?こんなところに隠れてたのか…!私、知らなかったわ…』と見紛うような造りにしなくてはいけないのではないだろうか。しかも『隠れ家』は大通り沿いにあり、いくらなんでも隠れなさ過ぎ。

それともあえて意外性を出す為にわざと人通りの多いところに隠れ家を建てたのかもしれない。『隠れ家なのに…隠れてないのかよ!』みたいな。
posted by 羊 at 11:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すみません、爆笑でした。

そこのお店、もしチェーン店だったら電話で
「はい、隠れ家1号店です」とか喋ったりするのかなあ。
電話帳で大々的に広告とか出していたら、
それでまた笑えそう。
Posted by 2号 at 2005年01月09日 20:26
隠れ家チェーン店があったら、
隠れてないやん!ってツッコミ入れそう…ていうか入れたい。しかも電話して開口一番に。
Posted by 羊 at 2005年01月09日 21:29
>『隠れ家なのに…隠れてないのかよ!』
うぷぷ。
ミムラツッコミ狙いかよっ!みたいな。w
Posted by ほうてて at 2005年01月10日 03:33
今更、あえて三村ツッコミを導入してみました。

関西風にいくと『隠れ家やのに隠れてへんがな!』って感じでしょうか。
Posted by 羊 at 2005年01月10日 10:07
わがオットが学生時代行きつけ?にしていた
ところは『いつものところ』という居酒屋でした。

その当時もし、結婚していたら
「どこで飲んでいたの?」
「いや『いつものところ』だよ」
「いつものところって、どこよ!!」と
戦争が勃発していたかと思います(笑)

その後、『いつものところ』の前を通りましたが
どうも、私には古びた中華料理店もしくは
場末のスナック(古っ)にしか見えませんでした。
お前の大学時代はどんなんだったんかい!!
とツッコミを入れたくなりました(笑)
Posted by ひろりん at 2005年01月10日 10:58
『どこで飲んでたの?』
『いつものところ。』
『だからそれどこ?』
『いや、だからいつものところ。』

これではケンカループですね。

あと。タクシーを呼ぶときとか。

『すいません、タクシー1台お願いします』
『どちらですか?』
『いつものところです。』
『え、どこ?』
『だから、いつものところ!』
みたいな。
Posted by 羊 at 2005年01月10日 12:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。