2005年01月20日

羊評論

学校の勉強なんてほとんど今役に立っていないけれど、でもあれはあれで乗り切らなければならなかった事だと思っている。

しかしひとつだけ、自分の勉強不足では済まされない教科が存在する。

国語(現代文)の評論文。

まず初めに、そもそもその文自体が何が言いたいのか羊にはよく解らない。難解な言葉を使って文を書いてあるので気づけば同じ行を何度も読み返している。
そして出題者が勝手に著者の言わんとすることを予測して問題を作っている。なのでだいたい自分が思っている事と違う解答だったりする。ひどい時は全く評論文の内容が理解できないのにさらに問題文も何を聞いているのかまったく解らない。仮にゆゆしき羊の記事が出題されたとして、勝手に私の思惑を予想されるなんて私というパブリックイメージにも影響を与えかねない。『著者はエロチズムとマゾヒズムを併せ持った変態ブロガーといえる』とか、違いますから。すいません、嘘です…
posted by 羊 at 15:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、「言いたいことハッキリ言えよお」と思うとよね。でも当事者として、避けられん壁やけ、必死に解くとよ。もう、パズルパズル。

たぶん、「いい点取る人」でも、その評論とかの意味を理解している人はあんまりいないと思うっちゃんね。文の構造を読むっちゅうか。

関係ないけど:ヒロシは熊本弁、カンニング竹山は福岡弁です。



Posted by RONIN福岡弁 at 2005年01月20日 19:46
気になって調べてみたら評論文が得意な友人に秘訣を聞いてみたら一言『勘』と答えられたというエピソードがありました。

九州って難しい。佐賀出身の子と友達だったけどちょっと東北なまりっぽい?あと0930見てたら宮崎も。
Posted by 羊 at 2005年01月20日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。