2004年05月26日

姐さんについていきます。

march姐さんのおかげで、初めてここにたどり着いた方もたくさんいらっしゃる事でしょう。コメントをつけてくれた方ありがとうございます。そして『なーにエロい事やってんだ』と冷ややかに通り過ぎた方も遠巻きに事の顛末を見守っている方も。
もう少ししたら、集計してみようかと思います。しかし、予想以上の片手派からのコメントが多く両手派推進派としては少し寂しい限りです。

ところで、ペンネーム 夜の教科書 さん、その教科書はどこに売ってるんでしょう。私もぜひ読んでみたいものです。
posted by 羊 at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夜の教科書と言えば、これなんかじゃないでしょうか?

http://www.katotaka.com/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4845406721/250-3407277-2349808

ちなみにこの先生がベスト高額ギャラ男優さんだそうで、7ならびなんだそうです。安いです。

どーも君協会加盟のワタシより、ある意味まともにご使用なさっているので、安いなんてことはいってはいけないのですが。

http://abcdane.net/archives/001091.html
Posted by ペンネーム 夜の教科書 さん at 2004年05月26日 15:03
どうもありがとうございます。

おぉ!鷹兄さん。ですか。
てっきり『夜の教科書』っていう本が出版されているのかと思ってましたよ。失礼を。

高校生の頃、書店にあったチョコボール向井自伝を立ち読みした事があるのですが、鷹さんの本というと恥ずかしいですね、読むのが。
Posted by 羊 at 2004年05月26日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。