2005年02月01日

君に寄せる愛はジェラシー

学生時代につきあっていた男子がずっと私とつきあっていたにも関わらず同じ学校のちっちゃくて華奢な子がかわいいと言い続けていた。(今思うと歪んだ愛情表現なのか。もしくは羊への愛情なんてこれっぽっちもなかったのか。)
おかげで男子は皆ちっちゃくて華奢な女子が好きなんではないかという想いがあり、おっきくてむっちりした女子である私はいつも悔し涙ぽろりの毎日なわけであり恋人がそんな女子とお話していたりすると胸を締め付けるものがあるわけです。羊の心のいちばんやらかい場所を傷つけるわけです。

するとすると昨日テレビで『肥満の女性とのセックスで男性はやせた女性とのセックスより多くなんちゃらかんちゃらが分泌され充実する』みたいなことが取り上げてあった。
なんでも女性の脂肪のついた柔らかい体に触れることで脳からなんとか物質が出されるそうである。知らぬ間に私は恋人になんとか物質を分泌させていたことになる。よーし、よーし、よぉーし。これはそれ以上痩せなくてもよいという正当な理由になりうるだろうか。
『違うわ、私はあなたと充実した性生活を送るため泣く泣くダイエットを断念したの…』

嘘みたいなほんとの話です。残念ながらソースが見つからない。(昨日テレビでやってましたよ。)
posted by 羊 at 23:22| Comment(11) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どちらかと言うとちっちゃくて、絶対条件が少し肉付きのよい、という御婦人が好みのじもんです。

言われてみれば、少し肉付きのよい方とのほうが、肉感的というか生々しいというか、興奮するように感じます。
Posted by じもん at 2005年02月02日 02:10
世の中女子は痩せたいと思う一方で男子はけっこう肉付きの良いほうが好きなんですよね。変な話ですけど。

男子は柔らかいもの好きですもんね。では女子は固いものが好きなのか?そうかもしれませんね。筋肉とか。とか。
Posted by 羊 at 2005年02月02日 09:27
長年の観察によりますと、「ぽっちゃりさんに行き遅れなし」(ぽっちゃりを巨乳に替えても可)です。
それほど男子にとってぽっちゃりさんは魅力的のようです。
女子のわたしも一度巨乳には胸を埋めてみたい...
Posted by ブガル at 2005年02月02日 10:27
なんか気になって見直したらやはり間違えてました、赤面。胸をどうやって埋めるのだ。「顔」です。
Posted by ブガル at 2005年02月02日 11:25
巨乳に胸を埋め…それはそれでキャーな光景です。ポ。

そうか、そうか。やはりこれは痩せない方が幸せか。
Posted by 羊 at 2005年02月02日 12:32
>男子は柔らかいもの好きですもんね。
>では女子は固いものが好きなのか?
名言です。ヒデキ感激。
Posted by lba at 2005年02月02日 12:41
この名言を1回言うごとに100円という特許料を徴収し、名言成金として悠々自適に暮らしたいと思います。
Posted by 羊 at 2005年02月02日 15:49
私の不幸は見えてる顔や手の甲〜手首なんかおよび胸部の肉付きがかなり悪いのに、見えない二の腕、腹、けつふとももなどは必要以上に豊かなことです。アリとかみたいなん。虫体型?

「全体にまろやかにふっくらぽっちゃり」って…いいなぁ…。
Posted by nook at 2005年02月05日 11:21
脱いだらすごいんです系?

私は、脱いでも脱がなくてもすごいんです系です。

未だに根に持ってるんですが『意外と腕細いね』と言われたことがあります。
Posted by 羊 at 2005年02月05日 12:39
Spitz用語が沢山散りばめてあるので、思わずログを残します。
やらかい場所をいじめられるのも、良いではないですか。
“キュン”って、良い。
その人じゃなきゃ、その場所を剥き出しにしていないから。
他の人じゃ、硬いトコで触るから痛くも何とも無いんだろうなぁ〜。

Posted by めい at 2005年02月08日 15:42
そういえば非着衣にならないとやらかい場所って触られないですね。

スピッツは[裸のままで]がいちばん好きです。けっこうマイナー?
一昨年大阪厚生年金会館の芸術ホール(中ホール)でゴスペラーズのライブがありまして、その日の大ホールはスピッツで少しリハの音を聞けたんですけどなんだか10代の頃を思い出す甘酸っぱい感じでした。
Posted by 羊 at 2005年02月08日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1796370

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。