2004年06月06日

コードネームは羊

昔から職場で客に勝手にあだ名をつけるのが好きだ。

田中さんという人は同僚が間違えて「鈴木さん」と呼んでしまったが為に「ラッツ&スター」と命名され(鈴木雅之のせいだ)、窓口に来ては細かい事をウダウダ文句をつける客は「小姑」呼ばわりだ。

しかし、最も多いのは名字に「〜っち」や「〜やん」などの命名。
普段からそれを会話に取り入れているので、その人の目の前で間違えて呼ばないように気をつけなければいけない。

昔居酒屋でバイトしていた時、古田さんという客の事を「ふるちん」と呼んでいて、それだけは間違えて呼ばないようにと細心の注意を払っていた。

いや、ふるちんは別に露出狂ではないんだが。
posted by 羊 at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかにあだ名って、どうでもいいところからつけられるものです。
学生時代のバイト先の友人は、「佐藤だからモキチな!」と言われ、それ以来モキチ呼ばわり。
それを言うならサイトウモキチだろぅ。
Posted by ほうてて at 2004年06月06日 18:15
すばらしきあだ名ワールド。もっと頭をひねっていろんなあだ名をつけていきたい次第です。
Posted by 羊 at 2004年06月07日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。