2004年07月06日

仮性アホ

高校の後輩で、テスト前でもないのに毎日電車の中で勉強してる女の子がいました。しかも、牛乳瓶の底のような眼鏡で。見た目を気にする年頃なのに、彼女はそんな事に見向きもせずひたすら単語帳を読みふけっていました。マンガも小説も読んでるところを見たことがなく、ずーっと参考書でした。

今の職場に入ってから同僚と何気なく話をしていると、牛乳瓶の底眼鏡ちゃんと家が近所だということが解り、近況を聞いてみました。
大学卒業後、自宅で英会話教室を開くが生徒が『先生が何言ってるか解らん』とみんな辞めてしまいその子はノイローゼになってしまった。

その話を聞いたとたん、『あ、私はアホで良かった』なんて思いました。

昨日、笑っていいともに『東大に入って自分に自信がついたのでおしゃれに目覚めました』という子が出ていたのでふと彼女の事を思い出しました。
いわゆる大学デビューですか。知ってる子にもいました。大学入学と同時にゴスロリデビュー。

個人の自由と言えばそこまでなんですが、勉強一筋でマジメな子が遊びや異性にはまりだすととことんはまりだして怖いとよく言います。
本当に賢い子は遊ぶ時は遊んで勉強する時はちゃんと勉強するもんなんですね。

だから適当にアホな方が良いのです。
中途半端に勉強ができて、適当に遊んで、そうやって生きていくのがいちばん良いと私は思います。
なので私は、本当はすごくかしこいのですがアホの皮をかぶっています。


…すいません、嘘です。
posted by 羊 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | たまにはまじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272972

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。