2004年08月31日

庶民の舌

昨夜は、お友達と飲みに行きました。

串揚げセット(5本)を注文。
1本、魚なのか肉なのか野菜なのかまったく解らない串があった。

羊『これ何かな?』
友『食べてみたら?』
もぐもぐ、と食べてみる。鮭かな?

羊『あんね、魚やった。鮭かな?』
友『そうか、肉かと思ったよ。』
と、私はその串を全部食べずに置いておいたら、知らぬ間に友人も一口食べていた。

友『羊さん、串揚げ冷めちゃうから早く食べちゃいなよ。これ、普通の肉の串カツやったやよ。』
羊『うん。』
モグモグ。

ん…?

羊『なーなー。これって魚じゃない?』
友『え?』
友人もモグモグ。

羊『これさぁ、マグロちゃう?』
友『うん、そうやと思う。』
羊『だって、シーチキンの味するもん。』
友『あー解る解る。シーチキンの味。ツナってマグロやもんね。』

何この会話。
何この人たちの味覚。


実は、このお友達と前にも串揚げセット伝説が。

時は2月、冬真っ盛り。
昨日行ったところとは別の飲み屋で、『季節の串揚げセット』という代物を注文した。

不公平のないよう、1本の串をわけっこしようという事になって、1本玉ねぎのような串があったので友達がソースを一口つけて食べた。

羊『ねぇねぇ、何?やっぱ玉ねぎ?』
友『……羊さんと、この気持ちを分かち合いたい…』
羊『…??何?』
友『いいから。』
羊『ソースか塩、どっちつけたらいいかな?』
友『まぁ、どっちもどっちやから…
(。A 。 )??イヤな予感…。

羊『エエエエ、これ、りんごやん!!アップルやん!!』
( ゚Д゚)…。

季節だからって何でもありなの?
posted by 羊 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/520476

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。