2004年09月07日

ざまぁカンカン

今乗ってる代車はAMラジオしかついていません。
最初はためらわれたのですが『たまにはいっか。』なんて結構楽しいAMラジオ生活をしているのです。

しかし若者向けの番組は夜にならないと無いので、通勤する朝や夕方では、おじさまおばさま向きの番組が多いんですが、昨日の昼出かけていると森脇健児さんと若い女性の二人で小粋なトーク番組なんぞを放送しておりました。
女性『さて、次にお送りする曲はカラオケで歌えば女の子にモテモテな1曲です。森脇さんもこれをマスターすればモテモテですよ。』
森脇『そうかー。僕、張り切ってマスターするぞー。』
女性『それではお聞き下さい。EXILEで〜〜〜(曲名聞き取れず)』

その曲紹介もいかがなものかと思うが、そこまでして若い女子にもてたいのか、森脇君。
正直EXILEが歌えたからといって必ずしももてるという事は無いと思うぞ、森脇君。
それよりも飲みに行って奢った方がもてると思うぞ、森脇君。

そして曲が終わりトークへ。

テーマは『匂い』だそうで。
二人の小粋なトークを、前を走るのろい軽トラを眺めながら聞いていた。
女性『…でもやっぱり、うちの実家が工場なんでね、工場の匂いっていうんですか?あの油の匂いとか、すごく落ち着きます。』
森脇『えーそうなんや。工場の匂いのする香水とか売ってないかな。』

森脇君!!
もてたいというか、その女性を狙ってたのね。
もう何も言いますまい。
公共の電波を使って恋のアピールをする森脇君。

こんなに若い女子に無理やりついて行こうとする森脇君。
でもきっと若い女子はそういうオーラが出ていないおじさんが好きだと思うの、森脇君。


がんばれ、森脇君。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。