2004年09月28日

Don't cry over split milk.

蝋燭の存在理由が違うその日は、確実に近づいている。
私が忘れようとも、その日は否が応でもやって来る。

10月10日で、私は誕生日を迎えるのだ。

こうなればいっそ、神田うのさんみたいに誕生日を毎月設定してごちそうやプレゼントをせしめるか。と思っていたら、新たな打開策を発見した。

そうか、10月10日という日をこの世から消滅させれば、私は永遠に25歳でいられるのだ。

嬉しくなって同僚に報告してみた。

『ねー、10月10日をなくせば私は永遠に25歳!』
『いや、年齢は止まっても、体の衰えは……』


最も痛いところをつかれた。
posted by 羊 at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボンジョルノ下ネタ。文鳥です

なんと。あたしの同級生も10月10日生まれなんですよ。
そやつは、さんざん
「とつきとおか」
「てことは正月に・・?」ていじめられていました。
羊さんは・・・?

どうか、残り少ない「四捨五入して20歳」の日々をアクロバティックにマンキツしてください
ビバ!四捨五入して30歳ワールド。カムカーム!こっち岸

失礼いたしました。
Posted by 文鳥 at 2004年09月28日 23:14
すいません、二重投稿になってしまいました。
ついでの際で結構ですので
最初の1コメントを消していただけないでしょうか・・・?

お手数おかけします。すいません・・・。
Posted by 文鳥 at 2004年09月28日 23:18
久々に高校で習った構文がタイトルに出てきて嬉しかったです。

知り合いに2月29日生まれの奴がいて
似たようなことを言ってました。
でも、オリンピックなトシの取り方をしても
風貌はごまかせませんよね。
Posted by 39bon at 2004年09月29日 06:32
★文鳥さん

コメント削除しました。

環境が変わっても、いつも10月生まれの人に必ず出会います。みなやはり恥ずかしそうです。
おかん曰く『元旦にすることがなくってね…』ってことで、よく友人にからかわれます。

昨年、25歳になった時ひとつ年上の友人から『これで四捨五入で三十路の仲間だね(はぁと)』というメールがきました。残り少ない20代を満喫したいと思います。


★39bonさん

覆水盆に返らず、です。なつかしい。
でも直訳すると『こぼれたミルクに泣かないで』っていう事なんですね。

2月29日生まれってうらやましかったんですが、ものすごく冷静に考えて結局老いには勝てないんですよね。
いや、冷静に考えなくてもそうなんですけど。
Posted by 羊 at 2004年09月29日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。