2004年10月06日

価値観カチカチ

先日、自分の工房で家具を作っている知り合いの人と出会い少し話しをしました。

そこで『羊さんは、何かやりたいことはないの?』と聞かれました。
『いや、別にー。』と答えると、『それでいいのか?』と言われました。

やりたいことというか、文を書いて見てもらいたいからブログを始めたし、たまにイラストなんか描くけれど周りの人に見せて楽しんでもらうくらいで十分満足しています。
好きな事はたくさんあるのですが、執着心がなくて別にプロフェッショナルになりたいと思っているわけではないので自分が気の向くまま、たまに友達なんかを喜ばせることができればいいなーくらいにしか思っていません。

きっとこの知人の中では『やりたいこと=生業』なのだと予測されますが、私はそう思ってないから今こうして働いてるだけで、まぁなんていうか正直な話そんなことまで言われたかないよ、ってのが本音なのです。っていうか好きな人以外に構われるのが嫌いなだけなんですけど。


なりたくてサラリーマンになった人なんて少ないだろうと思うし、なんかほっといてくれないかなぁ、と思う秋の1日でした。
posted by 羊 at 11:32| Comment(5) | TrackBack(1) | たまにはまじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分のブログでも触れたんですけど、村上龍のベストセラーとなった
「13歳のハローワーク」のまえがき部分。
・・「この世には2種類の人間しかない。自分の好きな仕事、自分に向いている仕事で生活の糧を得ている人と、そうではない人のことです。」

そうでない人の方がほとんどなのに、その2種類のカテゴリーの分け方はないよな。。でもその大多数で社会が回ってるんだから、別に自分たちも
捨てたもんじゃないよな。。
と、勝手に納得してる私です。
Posted by 39bon at 2004年10月06日 18:58
価値観のおしつけは悲しいですよねえ
そのヒトが善意で「なぜこうしない?」と問うて居るから
責めもできないし。
かえって、悪意のうえで「バッカじゃん?」て言われたほうがまだラクな気が。

いや、あたしも迫力でおしつけてることあるんだろなあ・・・と
自戒の念もふくめて、トラックバックさせていただきました。

いつもいつも、羊さんの文章はココロ打たれます(シモ含む)
Posted by 文鳥 at 2004年10月07日 01:47
★39bonさん

皆が皆好きなことばっかりやってては、国が成り立たないと思いませんか?私は、大人は我慢の世界だと思っています。皆が多かれ少なかれ我慢をしてるから世の中が成り立ってると思います。

とはいえその他大多数(私も含める)は、『ほんとはこんな仕事がしたかったんだよぉ』と嘆かず与えられた仕事を責任を持ってこなし、そしてその中でまた楽しみややりがいを見つければいいと思います。

めずらしく熱く語り口調でした。

★文鳥さん

(シモ含む)…。

その知人はきっと井の中の蛙だ、ということにしておきました。

また、トラックバックしてくださったのでそちらに感想を残そうかと思います。
では。
Posted by 羊 at 2004年10月07日 09:43
正直言って、やりたい事って何なんでしょうね?

「コレがやりたいんだ!」って思って会社入って、
そういう事が出来る「部」に配属されても不平を言う人はいます。

最初は、あまりやりたくない内容のプロジェクトでも
長く継続していると、だんだん分かってきて面白くなってくる事もあります。

私の中のやりたい事は、「好きな事」では無く
「続けていくうちに好きになっていく事」なのかもしれません。。。

そういう意味では、羊さんと同意見ですね。
Posted by W@n at 2004年10月09日 00:59
>「続けていくうちに好きになっていく事」

やらず嫌いってよくないですよね。好きな事(やりたい事)だけに没頭してたらそんな楽しみが解らなかったかもしれない、と思うともったいない。

まだまだ経験してみたいことはいっぱいありますね。
Posted by 羊 at 2004年10月09日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

違う価値観と私。
Excerpt: トラックバックさせていただきます。価値観、て聞いてなんかずーんと考えました。
Weblog: ためらいステッチ
Tracked: 2004-10-07 00:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。