2004年03月24日

増えるフリーター

就職難で?学生の自殺増加、大学側が予防に本腰

Yahoo!ニューストピックスに、こんなものが出ていた。
私自身は大学中退なので就職活動の経験が無いが、友人の中には数十社受けたけど全滅しただとかもう諦めてフリーターになった子もいる。
小泉君は増えるフリーターに頭を抱えていらっしゃるようですが、元フリーターとしてはいろいろ思うところもあるわけで。
 
 大学生のバイトならテストや授業で休みがちになるのに、フリーターならいつでも出られるという利点があるので面接に受かりやすい場合がある。フリーターという存在のおかげで雇用主としては多少助けられているのではないだろうか。特に昼間の小売店とかは。
 しかし世の中正社員>アルバイトというヒエラルキーのもと、アルバイトだというだけで「仕事がちゃんとできるの?」という目で見られる時が多い。(実際口にだす輩も多い)しかし私の元バイト先では「ちょっと社員さん、ちゃんと働いてくださいよ」とよく文句をつけていたものだ。
社員だから仕事に熱心で、アルバイトだからやっつけでやっているとは限らない。いや、もちろん熱心な社員もいらっしゃいますが。
 
フリーターは身の保障もなく、肩身の狭い事も多いが、フリーターがいるからこそ雇用主も助かっている(雇用保険・厚生年金をつけなくてよい、などの経済的なもの)のだと思う。

本題からかなりずれたが、人生長いんだしアルバイトなり臨時職員なりでいろんな職種を体験するのもひとつの手であり、正社員になることに執着しすぎなくても良いのでは?と、正社員になったことのない羊は思うわけです。社会的な地位も大事かもしれないけれど、いろんな経験を積むのもアリだと思う。たとえそれが失敗でも無駄な経験なんてないのだから。死ぬよりはマシ。死んだら何もできないわけだし。

参考 フリーターには「モラトリアム型」「夢追求型」「やむを得ず型」の3類型「やりたいこと」へのこだわりが強いが、長期化することは問題
posted by 羊 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ねとねとネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。