2005年03月22日

春だよ 春の羊祭り

羊祭り春です。
お元気ですかー?です。
そんなこんなでなんとなくこんなコラージュを作ってみました。

でもまだまだ寒いですね、どれくらい寒いかというとものまね紅白歌合戦のゲスト審査員の芸能人の作り笑いくらい寒い。みなさん風邪引かないように気をつけましょう。

というわけで(どういうわけで)雑感コネタです。

ウエンツ瑛士ってジャニーズの一員ではなかったのか。確かにジャニーズ所属にしては扱いがいささか乱雑だ。

■新庄(ムリオちゃん)の歯の白さ、異常。

■映画やドラマのベッドシーンはやたらと首や胸元を舐めすぎていると思う。

■ヤマザキ春のパンまつりは何か大々的な催しがあるのだろうか?

posted by 羊 at 22:32| Comment(6) | TrackBack(1) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

かわいいよ、ひつじ、かわいいよ

ひつじシスターズ私目、このようにおもちゃも好きなのですが(こどものおもちゃ限定ですよ)以前ヤフオクでカワイイ羊のきぐるみを落札しました。右のオレンジ髪のブライスちゃんです。

と、ふとトイザらスに行ったら羊ちゃんのきぐるみが出てるやん。即お買い上げ。ということで我が家にはひつじシスターズがいます。

羊グッズってけっこう少ないんですよね。何かカワイイ羊グッズがあったら教えてください。
posted by 羊 at 21:55| Comment(11) | TrackBack(1) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

結局パン耳は恋人の胃袋へ

ぱんみみ私は食パンの耳が嫌いだ。
食べていて口の中がモサモサするからだ。

しかしパン耳嫌いと言えば『贅沢病だねぇ』と言われる。

私は牛肉より豚肉の方が好きだ。

しかし人に話せば『ひょっとして家が貧乏だったの?』と言われる。


実に変な話である。
posted by 羊 at 22:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

ふたりのために 言葉はあるの 巻の弐

以前、[恋人たちの間で使われていた秘密の言葉・ハーネス型ヘインズ]について言及したけど、今度は別の男子との話。

その男子との出会いはずいぶんと若い頃です。一緒にお風呂に入り、同じ布団で眠った仲です。
彼はいつも私の後をついてきて、よく一緒に遊びました。『お姉ちゃん』と言いながら。

というわけで我が愚弟との話なんですがね、姉弟の間でしか通じない言葉があります。それが[小麦ねんど臭い]。
小麦ねんどはその名のとおり小麦粉で作られていて、万が一口に入れても身体に安心といった商品です。プレイ・ドーが有名ですね。

なぜか私と弟の間では、
[傷んだ油で揚げた揚げ物のにおい]=[小麦ねんど臭い]
という公式が成り立ってしまいました。おんなじ臭いがするんだよ、小麦ねんどをお持ちのパパママ試してみて。これ、人にあまり伝わらないのが辛いけど、騙されたと思ってプレイドーと傷んだ油で揚げた揚げ物を嗅ぎ比べてみて欲しい。
posted by 羊 at 10:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

ダンス・ダンス・男子

よく[朝まで踊り明かそう]とか歌ってるけど、いったい何時間もの間踊るのか、また、何を踊るのか、などとても気になるお年頃なのだ。

フォークダンスか、創作ダンスか、社交ダンスか、それによって歌の主旨も変わってくると思う。パラパラだろうか?それともジュリアナ風?ブレイクダンス?

何にせよ疲れることには変わりない。鋼鉄の肉体の持ち主なのか、はたまた何かの力を借りているとしか思えない、歌の主人公。
posted by 羊 at 11:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

キュ理ー不尽

勤労中初めてバイトをした店に4年くらいいた。

そこはもう今思えば掃き溜めのような店で、社員が女とケンカして遅刻、気に入った女子にしか仕事を手伝わないという暴挙、遅刻してきた人が逆ギレしたり八つ当たりをしてきたり等の憂き目に遭っていた。辞める時は皆私が涙を見せるのを期待していたようだが嬉しくて涙が出ずに焦ったくらいだ。

おかげでその後他のところで働くのに非常に拍子抜けした。それなりの不満はあれどあまりにも平和すぎたからだ。人々は友好的であり、理不尽な出来事はほとんど無かったのだった。

最初って何でも大切なんだな。最初から良い思いをしすぎてたらそれはそれで辛いだろう。マイナスからのスタートというのはこういう時得だ。良い思いをしてないからこそ悪いことは普通に、良いことはものすごく良く感じられる。
ということを考えててなんだか『初めての男がアブノーマルだったのでノーマルなセックスでは満足できません』とセキララに告白する女子みたいだ、と思った。(結局シモで〆るのか、羊よ。)
posted by 羊 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

せいぎのみかた

小学生の頃知らぬ間に『クラス全員さかあがりができるようになろう!』というスローガンが掲げられた。今思えばひとつの目標(=さかあがり)に向かいクラスが一丸となり協調性を身に付けさせようという魂胆であったのだろう。
さかあがりのできなかった私は毎日放課後になると連れ去られ鉄棒前に監禁されるという事態に陥った。

さかあがり講師として面倒見が良くて運動神経の良い級友(以下 講師)が就任した。

『羊さんね、もっと踏み切りを思い切って』とか言って熱心に教えてくれる。しかしコツが掴めずうまくいかない日々が続いた。

さかあがりのできない級友は毎日の過酷な練習により手の平にマメができ、中には出血しながらも絆創膏を貼り練習に励む者もいた。しかし、私の手の平はとても柔らかく、一向に固くなる気配すらない。どうも気まずいのでうんていをしたり強めに鉄棒を握り締めたりしたものの、まったくもって変化が見られなかった。しかし、決してサボっていたわけではなくどうやらマメができない体質のようである。(生まれてこの方できたこと無し)

そしてある日、手の平を見せ合うことになった。
『私なんか、マメが潰れてその上からマメができたよ』
『僕ももう両手にマメだらけで』

怪我の功名自慢トークが続く中、嫌な予感がしながらも『うわーすごいねー。』と適当に相槌を打つ。俗に言う生返事というやつだ。これは、これは、早く練習に戻らねば。私の手の平を見られる前に…キィヤァァァァ!!

『それで、羊さんは?』
ああー、もういい、いいから、な?練習しようぜ、練習。な?
『いや、それより早くさかあがりできるようにならんとね、目標やし』
とそそくさと練習に戻ろうとする羊。羊の不真面目な性格では考えられないくらいのマジメさを醸し出したが時既に遅く、級友によって手の平を皆様に露出するハメになってしまった。

Σ(´Д`lll)

『あれ、羊さんマメできてないよ、変なの』
『マジメにやってない証拠やー』
と、私の手の平をめぐり数々の罵詈雑言が飛び交う。変、って、こっちが言いたいよ。私だってマメのひとつくらい作りたいさ、ああ作りたいさ。

中でもわざわざ放課後をできそこないの級友のために時間を割いてくれた講師が…『教えてやってるのにマジメにやる気あるのか』とか怒り出すしさ。いやぁー、だからさ、ごめんよぉ?私もね、がんばってるんだけどマメできないんだよ?誰より自分で焦ってるから!
しかしこの怪我するまでがんばったらすごいという価値観はどうにかならないかね。怪我する前に自制するのも大切だろうに。

結局これで何が言いたいかってね、健康そうに見えても私は仕事にがんばってるんだよってことなのね。仕事中にネット巡回やメール交換やブログ更新?そんなの私、知りませんから…オホホ。
posted by 羊 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

イカリングワゴン

こないだ同僚に『ねえねえ、Mr.BIGのボーカルの娘がロード・オブ・ザ・リングに出とんやっけ?』と話しかけられた。リブ・タイラーのことである。
『違うよ、エアロスミスやで。』
『そっかー。エアロスミスさんの娘かー。』
『違うよ、エアロスミスってバンド名だよ』
という会話になったのだが、まあ私も笑うに笑えない勘違いをしてたことを思い出した。

よく春先になるとライダーたちがバイクでツーリングしてるのを見かけるわけだけど、あれは車で行ったらドライブでしょう。なのになんでフォーリングって言わないのかなぁ?なんて20歳くらいまで思っていた。
すなわち二輪車で行くからツーリング(two ring)で、四輪車っだとフォーリング(four ring)だと思っていたわけだ。ringの後に複数形のsがつかないのはご愛嬌。

よくよく考えたら、Touringのことだったのか。英検準2級所持なのに?
posted by 羊 at 15:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

羊っぽいの好き

昨日仕事中にふと同僚と『かわうそってなんでかわうそなのだろうか?』という話になった。『ではうみうそっているのだろうか?』と話が広がっていったが真相の程は明らかでない。

このような生活に支障をきたすとまではいかなくとも少し気になる疑問というのはたくさんある。
例えば甘エビは食べてみて甘いから甘エビなわけであってそれまでは何て呼ばれてたのかなとか初めてナマコを食べた人はいったい何を思って食べようとしたのだとか。伊東家の食卓の裏技はなぜそんなことしようかと思ったのか(シミにマヨネーズをつけたら落ちるとか)そんなこと。

たまにそんな事を考え出すと夜も眠れなくなる時がある。(誇張表現)夜な夜な考える、かわうそのことを。まるで恋のように。おかしい。
posted by 羊 at 10:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

盗んだバイクで走り出す

高校のクラスメートの男子は、徒党を組んで夜な夜な峠でバイクを走らせるのが趣味だった。

ある日彼と話しているとノートに[照れ屋]と書いたステッカーを貼っていた。
聞けば彼が所属する走り屋グループの名だそうだ。照れ屋。ほとばしる情熱とありあまる若きエネルギーを照れ屋だからバンド組んだり部活でがんばったりせず走りで発散するという趣向なのだろうか。もしくは全員照れ屋なのか。『暴走みたいな悪いことしてっけどー、根は純情で照れ屋なんだよね』というギャップを売りにしているのかもしれない。

照れ屋なのにわざわざ大きな音を立ててバイクを走らせるなんてとてもじゃないけどできないと思う。『ジ、ジロジロ見んじゃねーよ』と赤面しながら暴走行為を行っていたのだろうか。
posted by 羊 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

アフロ羊

ダブルヒツジーです一度だけでいいからアフロにしてみたいけど髪が柔らかすぎるのでパーマには向かない髪質だ。(カールしても湿気で伸びる)

ある日、知り合いの女子がアフロパーマをあてた。

そしてまたある日バイト後に店の人たちと飲みにいったらたまたま遭遇した。彼女は友人たちに『Dragon Ashのボーカルに憧れてアフロパーマにした』と自慢している。(*もう5年以上前の出来事です)チェケラッチョー。

すると酔って目の据わった店長がその女子を見つけて小声で
『おいおい、たい焼きがいるぞ』
と囁いた。

何かと思えばおよげ!たいやきくんを歌っている人のことか。

『おい、羊、今から子門真人に頼んでたいやきくんを歌ってもらうぞ、おい、ちょっとそこの子門真人ー!』
『ダメ、ダメ』
慌てて店長を抑えるバイト一同。危ない危ない。
さすがに複数抑制Pが効いたのか店長はおとなしくなった。

と、店長はおとなしく飲んでたので安心してたらまた彼女、っていうか子門さんが目に入ったらしく
『おーいこの店に有名人がいるぞー!!!!』
『あ、ダメだって店長!』
『まいにち まいにち 僕らは鉄板のー』
歌いだしたので慌てて店長を抑え座らせる。幸いにも彼女、っていうか子門さんは友人たちとの歓談に夢中で聞こえなかったようだ。

その後も帰るまで『子門真人、子門真人…』と呪文のように店長は呟き続けた。帰りは颯爽とおよげ!たいやきくんを歌いながら帰っていく店長。ステキだ、ステキすぎた。
posted by 羊 at 19:29| Comment(5) | TrackBack(1) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

Y.M.C.A

さあ立ち上がれよどうも若い男子がすっごく苦手である。
すぐ偉そうにいばるし、すぐお前とかこいつとか呼ぶし。すぐケチつけるし。すぐ説教するし。で、昔から苦手なのだ。

しかし、26歳を過ぎたあたりから最近は高校生や大学生を見ても苦手意識よりもむしろやや可愛らしいと思うようになってきた。恋愛対象というよりは、弟や小さな子供を見るような気持ちだ。

これは、自分に余裕ができたからなのだろうか。…ではなく、ただ単に自分がそれだけ年を取ったってことじゃないか。
posted by 羊 at 10:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

保健だけ異常に高得点

女の子はいつでも耳年増同僚と共通の知人がいて、その子はいつもテスト前でもないのに毎日電車で参考書を開き勉強してたのが印象的だった。彼女はさぞ努力家なのだろうという話をしていたら『いや、でもほんとに努力してる人は人前でわざわざ勉強したりせんと家でちゃんとやってるもんじゃない?』と同僚が言った。

いやいや、私のようにテスト前に何も勉強してなくて慌てて電車で覚えてる人もいるのだよ。と言っておいた。恥ずかしながら。

学生の頃から『全然テスト勉強してへん』という学友たちの嘘に騙され続けた。私がテスト勉強をしてないといえばほんとうのほんとに1分足りとも教科書さえ見ていなかったというのに。
posted by 羊 at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羊評論

学校の勉強なんてほとんど今役に立っていないけれど、でもあれはあれで乗り切らなければならなかった事だと思っている。

しかしひとつだけ、自分の勉強不足では済まされない教科が存在する。

国語(現代文)の評論文。

まず初めに、そもそもその文自体が何が言いたいのか羊にはよく解らない。難解な言葉を使って文を書いてあるので気づけば同じ行を何度も読み返している。
そして出題者が勝手に著者の言わんとすることを予測して問題を作っている。なのでだいたい自分が思っている事と違う解答だったりする。ひどい時は全く評論文の内容が理解できないのにさらに問題文も何を聞いているのかまったく解らない。仮にゆゆしき羊の記事が出題されたとして、勝手に私の思惑を予想されるなんて私というパブリックイメージにも影響を与えかねない。『著者はエロチズムとマゾヒズムを併せ持った変態ブロガーといえる』とか、違いますから。すいません、嘘です…
posted by 羊 at 15:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

ザ・センターマン試験

高校生の時テストで[機械の工具的な使用とは何か述べよ]という問題が出たので[機械を工具的に使用すること]と書いておもっきし×をもらいました。何が間違ってるのか未だに腑に落ちない女子26歳の冬です。で、答えは何だっけ?(確か、機械を作るために機械を作ること?)

受験生のみなさんはセンター試験が控えてますね。アレ、私受験してないですけど受験するヤングマン&ウーマンはがんばってね。

大学受験の思い出といえば、下調べもせず受験に向かい受験する大学の附属中・高前のバス停で降りちゃって間に合わないかと思いダッシュしたことですかね。だって下調べしてないからどれだけ離れてるかわかんなくて。おかげで2月だというのに汗だくで試験会場に着きましたよ。これから受験を控えるヤングマン&ウーマンはその辺を注意して受験してはいかがでしょうか。え、そんなの調べてから行くのが常識?それはそうですね…←急に弱気。

あと受験じゃないですけど、模試で直前に見てた参考書の次のページに載ってた問題が出て、それが次のページに載ってたことは思い出せても答えが思い浮かばず斜め前に座ってたかしこそうな子の答案を見ても空欄だったので焦った思い出があります。試験当日はいっそのこと何も見ないほうがいいんではないでしょうか。あ、ダメですよよいこのみんなカンニングなんて!*大学の時カンニングでテストを乗り切ろうとしたら論文形式でみごと玉砕したからおすすめしないです。

い、いや、これじゃ全国の受験を控えたヤングマン&ウーマンに何のためにもなってない。うん、真似したら羊おねえさんみたいないけない大人になっちゃうわよ。って事が教訓です。
posted by 羊 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

スネ毛ヘアー

意外と自分は毛深かった。いろんなところのムダ毛を剃って剃って剃りまくった。
そして今、私の臀部はびっくりするくらいすべすべになった。ということは、いかに今まで美しくない臀部を恋人に見せていたのかということだ。ショックだ。

嗚呼男子のスネ毛でアリンコ作りたい。恋人にもダメって言われる始末。いいじゃんダーリンスネ毛のひとつやふたつと思うんだけどさ。でもたぶんその先に羊が抱く欲望を読み取って恋人は拒絶しているんだろう。アリンコを作ったら引きちぎりたいという欲望。

昔仲の良いグループ5人で飲みに行った。その後皆でその中の一人のアパートでグダグダしていたら、酔った勢いで誰かがガムテープを取り出しズボンを脱がせスネに貼り付けはがすという脱毛テープごっこを始めてしまい、私も男子のスネにガムテープを貼って毛の流れに逆らって剥がすという行為にすっかりはまってしまった。トランクス姿で逃げ惑う男子。それを追う私。剥がしたガムテープにはびっしりスネ毛。快感だった。
騒ぎがひと段落し、皆の酔いも醒めた頃冷静にズボンを履く男子たち。『ああ、何やってたんだ俺ら…』という声。ものすごい虚無感が私たちを包んだ。

が・し・か・し。私はまた脱毛テープごっこをしたいのだ。再度あの快感に身をゆだねたい。ふだんはMっ子なのになぜかスネ毛に関してはサディスティック。
posted by 羊 at 23:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

発見伝

新聞を読んでいたら、飲食店の紹介が載っていた。なんでも『大人の隠れ家的なお店』というのが売りだそうだ。

そういえば以前出かけた先で『隠れ家』という居酒屋を発見したことがある。しかしこれでは全然隠れてないではないか。隠れている事を大々的に打ち出している。
隠れ家なら隠れ家らしく、『えぇー?こんなところに隠れてたのか…!私、知らなかったわ…』と見紛うような造りにしなくてはいけないのではないだろうか。しかも『隠れ家』は大通り沿いにあり、いくらなんでも隠れなさ過ぎ。

それともあえて意外性を出す為にわざと人通りの多いところに隠れ家を建てたのかもしれない。『隠れ家なのに…隠れてないのかよ!』みたいな。
posted by 羊 at 11:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

ホワイトレディ

バーでバイトしてた頃の話。

おそらく感じ的につきあう前っぽいカップルがやって来た。メニューを渡すと男子が女子の飲むカクテルも決めて注文した。
注文されたカクテルはホワイトレディといってシェーカーを使って作るもので、私が作ったのだけど自分としてはなかなか良いできばえでちょっと心の中で小躍りしていた。うまくできたら元々無色透明なものを混ぜて作るのに白濁するんです。

そしたらホワイトレディを目の前にした男子が女子に向かって『あのね、このカクテルは透明にできあがった方が上手にシェーカーを振れてるんだよ。』って偽の薀蓄を語っているではないか。うそやーん。

しかしだからといって女子の前で訂正してあげることもできず、私ができることといえばただ、へたっぴバーテンダーとして客の記憶に残ることのみ。(いや、てなこと言ってもすごい腕の持ち主だったわけでもないけど)

なんていうか、その場しのぎでええかっこされてもなー。やっぱ基本的に男子は女子の前では優位でいたいものなのかしら。私はすごく許せないんですが男子って女子と親しくなったら友達でも『お前』って呼ぶでしょう。あれってやっぱ征服欲のあらわれなのかな。
ほんとに好きだったらええとこ見せてくれなくても好きだもん。むしろ弱味を見せてくれた方が私は嬉しいな。
posted by 羊 at 10:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

ワッフルワンダフル

ちょっと出かけたので家族にお土産とワッフルを買って帰ったのだけど、それを食べた弟が『あのワッフル、甘すぎておいしくない。』と言ってきたのでいじけてしまった。
なんだか優しさがないなぁと思ったり。
あまりにも腹が立ったので『人のお土産にそんなケチつけるなんてよくないよ。』と言うものの『え?何?おいしいとでも言って欲しかったの?』と逆ギレのご様子。
おいしくなくても、何か一言添えてくれればなあと思っただけなんだけどなー。『買ってきてもらって悪いんだけどちょっと甘すぎて苦手だなー。』とか言ってくれたら次は気に入ってくれるお土産を買ってこようと思うんだけど。何事も言い方ひとつだと思うんだ。羊も気をつけようと思うよ。
posted by 羊 at 21:03| Comment(2) | TrackBack(2) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

続・小粋なトーク または 空気読めの話

前回の記事・小粋なトーク(っていうか昨日書いたからすぐ見られるけど)

すっかりうちの祖母の事を取り上げてて最も身近にいる話の腰折娘さんがいたのを忘れてた。私と同じ仕事をしてるいわば相方の彼女。彼女の信条は『話したい時に話したいことを話す』だそう。

一度、私が他の同僚とかなりマジメに仕事の事で論議していた。飛び交う意見。白熱する二人。
すると彼女がいきなり『ねえねえ、ちょっといいかな?』と入ってきた。てっきり意見でも言うものなのかなと思っていたら『でも、ごめん今の話とはあんまり関係ないんだけど』と言う。でも何か用があるのかもしれないし『いいよ』と答えたら。

『○○さん(同僚)ってさ、誰かに似てると思ってたら高校の時の担任に似てるんやわ』

関係なさすぎでは…。
正直言ってそんな会話を割り込ませるような空気ではないくらい真剣だったんだけど。そんなのわざわざ割り込んでまで言う話なのか?と、小一時間問い詰めたい…と私は思うんだけど。そうだよね。
posted by 羊 at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。