2004年09月29日

ミサイルトレイン

誤植かうちの職場にきた情報誌の表紙。
誤植?

これ、初めて見た時思わず同僚のPさん(男子)に『発射オーライ!鉄道おじさんっていうタイトルのAVがありそうだね。』なんて言って怒られました。だって、ほんとにありそうだもん。車掌さんが…さぁ。チョメチョメ。

発車オーライ、鉄道おじさん登場ではなく、あくまで発射だとおっしゃいますか。何かこだわりでも。



電車って発車じゃなくって発射なのかなぁ。
と思い不安になり調べてみた。

はっしゃ【発射】
(名)スル
弾丸などを撃ち出すこと。
「ミサイルを―する」
三省堂提供「大辞林 第二版」より


ま、まさか…
ミサイルつきの電車?

怖いので、早く避難しようと思います。
posted by 羊 at 15:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探し物は何ですか それより僕と踊りませんか

私の部屋は物があふれかえっていて、いつか整理しなきゃ、と思いつつ放置して日々を過ごしている。

ついこないだ、人に貸すためにビデオを探していた。
ものぐさなのでラベルなどつけていないし、いちいちデッキに入れては確認しなければいけない。続きを読む
posted by 羊 at 11:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

Don't cry over split milk.

蝋燭の存在理由が違うその日は、確実に近づいている。
私が忘れようとも、その日は否が応でもやって来る。

10月10日で、私は誕生日を迎えるのだ。

こうなればいっそ、神田うのさんみたいに誕生日を毎月設定してごちそうやプレゼントをせしめるか。と思っていたら、新たな打開策を発見した。

そうか、10月10日という日をこの世から消滅させれば、私は永遠に25歳でいられるのだ。

嬉しくなって同僚に報告してみた。

『ねー、10月10日をなくせば私は永遠に25歳!』
『いや、年齢は止まっても、体の衰えは……』


最も痛いところをつかれた。
posted by 羊 at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

お返しの方5円の方になります

例えば、630円の買い物をしたとする。

そういう時に、1,130円出せばちょうど500円のお釣りがくるし、10円玉がなくて50円玉がある場合は1,150円を出して520円のおつりをもらう。そうすれば小銭が少なくなる。

というのをよく実践するのだが、この前コンビニで午後の紅茶を買ったら147円だったので152円を出して5円のお釣りをもらおうとしたら、店員が『え、152円で、よろしかったでしょうか…?』と言う。『はい。それで。』と言うと眉間にしわを寄せたままレジを打つ。レジにお釣り 5円という表示が出た瞬間、店員は納得したように5円を私に渡した。

やった、勝った。と意味も無く優越感に浸ってしまう瞬間。


昔書店でバイトしていた時に、よく来る女子学生がいたんだけど、いつも意味不明なお金の出し方をする。
850円の本を買うのに950円出したり、850円の本を買うのに930円出したり。どういうつり銭勘定をしていたのだろうか。

今思うと、偽硬貨の換金をしていたのかもしれない。しかし、なぜ紙幣ではなく、硬貨?
posted by 羊 at 14:56| Comment(5) | TrackBack(1) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

車ですけど

新車に乗り換えて以来、気のせいか後続車が車間距離をやたらと詰めてくる事が多くなったような気がします。

前は普通車で、今は軽自動車に乗り換えたのに普通車と同じようなアクセルの踏み方をしてしまい加速時になかなかスピードが出ないので煽られているのかもしれません。


また、車種が軽自動車だからなめられてるのかもしれません。でも、これが仮にベンツの軽自動車だったらもっと恐れられていたのかもしれません。

しかし相手も相手です。
急いだってどうせ前は渋滞してるのだ。



トイレか。漏れそうなのか。それはゆゆしき事態だ。
posted by 羊 at 15:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

羊ー!後ろ!

            X  激しく忍者
       ∠ ̄\∩
        |/゚U゚|丿
      〜(`二⊃
       ( ヽ/
        ノ>ノ
       UU
午前中、パソコンを使って作業してたら隣席のOさんが実にわざとらしい咳払いをするので振り返ってみたら、人間の気配を消し忍者のような翁1号(ヘルプで来ている職員)が私のパソコン画面を食い入るように見つめていた。

いや、ダメ…恥ずかしいよう…見ないで…

恥ずかしがらなくってもいいじゃないか…見せてみろよ、ほら、もうこんなに表をたくさん作って…何で作ったのか言ってごらん。言わないと印刷させないよ。さあ、ほら。

え、そんな、恥ずかしいけど…言うわ……エクセル…Ecxel…


羊25歳、午後の妄想をお届けしました。

怖い、最近世の中は怖いですねぇ。羊です。こんにちは。

最近身の回りで良くない事・悪い事が乱立していますので良いオーラを出していきたいと思います。やっぱり、良いオーラには良い出来事が集うと信じています。なんかの説教みたいになっちゃった。

そろそろ良い事があってもいい頃だと思うのです。


なので突然iPod miniをプレゼントされたり、思いがけない臨時収入があったりしてもいいはずなのですが。


お待ちしております。ありがとうございます。
posted by 羊 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

悔い改めねば

私の教訓は、
『仕事には、良い格好で来ること』である。
私服で仕事をしているのだけど、一応仕事後にお食事に誘われてもいいくらいには気をつけている。

これはかつてバーでバイトしていた時の店長が口を酸っぱくして言っていた言葉である。店長が『もし好みのお客さんに飲みに誘われて服がいけてなかったらどうする?』と言うのである。
確かに、しわしわの服なんかで飲みに誘われたら服を理由に断りそうだ。(というかほんとにそれで断ったことがある。)

とかなんとか言いながらそのようなお誘いが皆無に等しいのだが、それも仕事のうちだと思っている。



ふと、同僚がもらした。

『羊さんってさ、朝よく口の端にパンくずついてる。』




なんか、今までの努力が台無し。

負けるな、アタシ。
posted by 羊 at 10:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

暑い人

名前と顔が一致しない。顔は思い浮かぶのに名前は解らない。
そんな時、他人に説明をする時って『やせた』『太った』『メガネ』など身体的特徴を挙げませんか。

高校の同級生に、酒井くん(仮名)という男子がいます。

高校1年のある日、買い物をしてると酒井くんを見かけました。
後日友人に『昨日さ、店で酒井くん見てなぁー』なんて話をしてると、
『え?酒井くんって誰?』と言われたので
『5組にめっちゃ暑い人おるやんかー』と言ってみたら
『あーあー。あの髪の短い暑い人ね。』
と納得しました。


2,3年くらい前に高校の同級生と遊んでて、ふと酒井くんの話になりました。

友人A『そういや、あの子何してんのかな。酒井くん。』
羊『さぁ。聞いた事ないねぇ。』
友人B『え、酒井くんって誰?』
友人A『5組にいた、サッカー部の。』
羊『そうそう。■■町から来てた子。』

友人B『あー。あの暑い子かぁー。』
羊『そうそう。あの暑い子。』
友人A『ほんま暑いなぁー。っていうか、暑苦しいよなー。』


職場の同僚、Oさんは年がひとつ年下で酒井くんとは同じ中学校でした。


羊『そういやさぁ、うちの高校来てた子で■■町から来てる子おったよ。酒井くんっていう子なんやけど、知らん?』
O『えー?先輩でそんな人おったかなぁー』
羊『高校ではサッカー部やったよ。』
しばし考えるOさん。

O『解った!あのめっちゃ暑い人やない?』


もちろん友人A・BとOさんは面識がありません。

何が暑いのか、見ていただいたら一目瞭然なのですが、なんというか顔立ちが濃いんですね。

いろんな場所でさまざまな人々に『暑い人』と言わしめる彼。
そして『暑い人』で不特定多数に話が通じるという事実。


彼は『暑い』を比喩するために生まれてきたのかもしれない。
posted by 羊 at 21:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言い間違い 良い間違い?

私の母校(高校)は、ほうめい高校という名前だ。

ある日、全校集会で生徒が表彰されることに。
校長不在のところ、代わりに表彰するのは新任の教頭先生。

『表彰状。○○ほうけい高等学校』

教頭先生の下半身を非常に心配した17歳の夏。


5時間目は、世界史。

確か西大后のビデオだったかを見せながら先生が一言。
『この皇帝は、梅毒だったのです。』

ざわつく教室。
『性病!』
思わず口に出してしまった私。

『こら、羊。そんな事を大きな声で言わない。』
と、先生がたしなめる。
でも顔が半笑い。


そんな17歳の夏。

先生、お元気ですか。
posted by 羊 at 15:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

かんちがい

ずーっと間違っていたものがある。

『ハブとマングース』
決闘
この蛇のような生物とネズミのような生物を喧嘩させて見せていたらしい。(現在は禁止)

これを、『ハブとマングローブ』だと思っていた。
うつくしき自然
なんかこんな感じの美しい木々。

きっとハブがマングローブ林を食い荒らすからマングローブは幹からものすごい毒素を出してそれに抵抗してるのかと思っていた。


幼少のひつじ保育園の頃、『大型バスーに乗ってますー』という童謡をよく歌わされたが、19歳まで『大阪バスーに乗ってますー』だと思っていた。

知らず知らずのうちに『大阪バス』という会社の社歌でも歌わされているのかと…。


posted by 羊 at 23:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

嗚呼無情

何度も書いていますが昔居酒屋でバイトをしていました。

イヤな仕事があって、それは『イッキ飲みを止めさせる』こと。
こっちとしては救急車沙汰になっては困るし、酔いつぶれてトイレを汚されても困るし、他の客が『あそこうるさいから黙らせて』とお怒りになるので困る。困るばっかで良い事なんてひとつもない。

そんなことやってるのはたいてい大学生のサークルとか、若者の集まりなんで『うわ、逆ギレされたらイヤやな』と誰もが躊躇し週末になるたび誰が注意しにいくのか押し付け合い、毎週が戦いだったのだ。

そんなある日。

一人の男子が立ち上がってジョッキに入ったビールを飲み干そうとしている。


湧き上がる拍手。


『あー、止めてもらわなきゃ。』と思いながら近づくとほぼ全員40代かと思わしき団体。一気飲みしてるのも推定40代のおじさん。中には初老の人も混じっている。


『注意しに行かなきゃ』と思った瞬間、初老の女性の掛け声が。



『しっかりぃぃー。がんばってぇぇー。しっかりぃぃー。』


残り少ないビールを苦しそうに飲み干すおじさん。


『しっかりぃぃー。しっかりぃぃー。』


手を叩いて応援する初老の女性。
がんばれ、おじさん、しっかり!!
私も仕事そっちのけで思わずおじさんを応援してしまった。

初老のおじさんは、応援の甲斐あってか完飲。

おめでとう、おじさん。






ああー、盛り上がった。




って、おいおい。
posted by 羊 at 14:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

どっちなのさ

若かりしある日、当時の恋人と電話をしていた。
するといきなり真剣な声で、

『羊さん、これからも仲良くつきあっていきたいから、ちゃんと言っておきたいことがあるんだ。』
と言うではないか。
『え、何?』
トラブル発生 トラブル発生冷静なふりを装いながらも頭の中ではあの悪事がばれたのか、アレか、アレか?と混乱中。
トラブル発生。トラブル発生。


続きを読む
posted by 羊 at 11:19| Comment(13) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

ぜひうちにもこの制度を

プロ野球界では、乱闘に参加しなかったら罰金らしい。

逆らうものは死けいということで、わが職場にもこの制度をぜひ導入してもらいたい。
男子が多い職場なので力では勝てないと思うので、口げんか乱闘で。
普段から『羊を怒らせると怖い』と上司にまで怖がられている私なら楽勝だ。

もちろん罰金の受け取り窓口は私だ。
そして乱闘に勝った際の賞金ももらわないといけない。その支払いと資金調達は別に設置する必要があると思う。
どさくさに紛れて普段鬱積した罵詈雑言を浴びせる事ができて一石二鳥ではないか。
ぜひとも乱闘に参加したい。

ということで今度会議で提案してみようと思う。…心の中では…空想では。
posted by 羊 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月02日

鳥居さん

貢ぎ物(に、なる予定)サントリー烏龍茶のiPodプレゼントキャンペーンに挑戦中。
今日お休みの同僚の机に応募シールが貼ってありました。
これは、私に貢がれるのでしょうか。早く同僚に会って真意を確かめたい次第。

友達とコンビニに行きお茶を買うときに『何のお茶にするか悩んでんのん?私が決めたろ。一押しはサントリー烏龍茶。ほんまに、おすすめやわぁ。』とさながらサントリーの回し者のように他人に買わせて応募シールを強奪するという強行策も見られます。

しかも月曜に心斎橋のアップルストアで現物を見ちゃったもんだからさあ大変。欲しいですよ。ここをサントリーの社員さんが見てたらよく考えてみて下さい。
当選させてくれたら、サントリーのウーロン茶しか飲みませんしビールもモルツしか飲みませんから。

参考/サントリーウーロン茶iPodプレゼントキャンペーン
アップルストア心斎橋店
posted by 羊 at 11:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月31日

庶民の舌

昨夜は、お友達と飲みに行きました。

串揚げセット(5本)を注文。
1本、魚なのか肉なのか野菜なのかまったく解らない串があった。

羊『これ何かな?』
友『食べてみたら?』
もぐもぐ、と食べてみる。鮭かな?

羊『あんね、魚やった。鮭かな?』
友『そうか、肉かと思ったよ。』
と、私はその串を全部食べずに置いておいたら、知らぬ間に友人も一口食べていた。

友『羊さん、串揚げ冷めちゃうから早く食べちゃいなよ。これ、普通の肉の串カツやったやよ。』
羊『うん。』
モグモグ。

ん…?

羊『なーなー。これって魚じゃない?』
友『え?』
友人もモグモグ。

羊『これさぁ、マグロちゃう?』
友『うん、そうやと思う。』
羊『だって、シーチキンの味するもん。』
友『あー解る解る。シーチキンの味。ツナってマグロやもんね。』

何この会話。
何この人たちの味覚。


実は、このお友達と前にも串揚げセット伝説が。

時は2月、冬真っ盛り。
昨日行ったところとは別の飲み屋で、『季節の串揚げセット』という代物を注文した。

不公平のないよう、1本の串をわけっこしようという事になって、1本玉ねぎのような串があったので友達がソースを一口つけて食べた。

羊『ねぇねぇ、何?やっぱ玉ねぎ?』
友『……羊さんと、この気持ちを分かち合いたい…』
羊『…??何?』
友『いいから。』
羊『ソースか塩、どっちつけたらいいかな?』
友『まぁ、どっちもどっちやから…
(。A 。 )??イヤな予感…。

羊『エエエエ、これ、りんごやん!!アップルやん!!』
( ゚Д゚)…。

季節だからって何でもありなの?
posted by 羊 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月28日

ご存知ですか?2

小学生の時、先生に出された問題です。
詩の穴埋めでございます。
朝はいつまでも(     )
夜はいつまでも(     )
続きを読む
posted by 羊 at 00:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご存知ですか?

高校生の時、世界史の先生がこんな問題を出しました。
次の英語を訳しなさい。
To be,to be,ten made to be.

私は、ものすごーーーく真剣に考えた訳です。
普段フマジメ極まりないクラスがひとつになり、皆真剣に悩んでいた。

私が導き出した答えは、『十人十色』でした。なんか語感と、tenが入ってるから。クラスメイトもちょっと『あ、うまいね。そうかもしれないね。』なんて褒め殺し。

しかし、その後教師の答えに、今までの努力がムダになることを知る。続きを読む
posted by 羊 at 00:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月27日

レッツ記憶術

大学受験を控えた高3の夏、教師たちはバカの一つ覚えのように『夏は受験の天王山!夏は受験の天王山!と吠えていた。
中には、夏休み補習用プリントにも書いていた教諭もいるぐらいだった。

天王山がどこにあるのか解んないのでその言葉の重みも、ありがたみも何も解らなかった。

あ、もしかしてそれも勉強しろってことだったのかも。

学生のみんな、宿題は済んだかな?

出さなくても、私なんて宿題せずに何食わぬ顔して学校休んでましたよ。大丈夫です。こんな大人になるという特典付きですけど。

と、学生時代はサボることに命がけだった私ももう社会人。

学生時代を反省して仕事をがんばっているのだが、学生時代よりも今の方が記憶力が遥かに良くなっていて結構重宝しているのである。

我ながら賢いななんて自画自賛してしまうのだが、なぜ学生時代にその才能を開花できなかったのか甚だ疑問である。
今頃バリバリのキャリアウーマンだったのにな。
posted by 羊 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月26日

あこがれのキャンパスライフ

東海大学を卒業した同僚がいる。

私はてっきり東京六大学のひとつだと思っていたら違うようだった。

早稲田・慶応・明治・駒沢・東海・法政だと思っていたのだが。

そういえば、東京の大学で『march』っていうのがあるなぁ。
ってググってみたらmarchさんのsketch-bookの方が先に出てきました。さすがだなぁ、姐さん。
・m…明治
・a…青学
・r…立教
・c…中央大
・h…法政

と、予想してみました。

関西の『関関同立』『産近甲龍』みたいな略号を作ればいいのに。誰にでもすぐ解るし。

東京の人はおしゃれだなぁ。

正解は、続きを読むをクリック。続きを読む
posted by 羊 at 10:01| Comment(14) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月25日

ラーメン屋と空想と

友人と大阪へ遊びに行った時、有名なラーメン屋の前を通りかかったので食べてみることにした。

店の前では若い男子店員が若い女子のグループと何やら親しげに話している。そして一人の若い女子が男子に何やら手渡している。

『まさか、店員を逆ナン?』
『あれ、携帯の番号書いたメモかな?』
なんてこっそりささやきながら店に入ろうとした。

『あ、お客様お待ち下さいー』
店員によって入店を阻まれてしまった。なぜ。
もしや、ラーメン無料にするからさっきのことは黙っててって事かしら…なんてドキドキしながら男子店員を見た。
『すいませんがご注文とお会計はこちらでお願いします』
なーんだ。そういうことか。
でも、逆ナンされてたでしょ?

『当店のポイントカードはお持ちでしょうか?』
先ほど『携帯番号を書いたメモか』なんて思ったものは、ポイントカードだったのだ…。

私の空想癖も、ついにくるとこまできちゃった。

【トラックバック・知りたくなかったラーメン屋の秘密@おろちょんのお笑いマンガ道場

*ちなみに、そのラーメン屋とは道頓堀の『神座』です。私のような勘違いをしないようお気をつけ下さい。
posted by 羊 at 14:15| Comment(7) | TrackBack(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。