2004年08月01日

私的には〜リスペクト〜みたいな〜

私の住んでいるところは、ちょっと変わった読み方なんで苦労する。

今の職場に履歴書を出したとき、人事担当の総務課長は自信満々で、
『この子は、大事な履歴書なのに住所を書き間違えてるね。』
と、こぼしていたらしい。

ある日、突然そんな彼に
『君らは在庫管理をちゃんとしてるのか?できてないじゃないか!200個も違うじゃないか!!どうなってるんだ!!』と叱咤された。
(実際は毎月数をきちんと確認できていた)
自分が在庫の数字を見間違えて勝手に一人でパニックになってたらしい。

自分の間違いを認めず、疑うことを知らないステキな上司。


昨日、とあるミスが発覚したので報告して指示を仰いだ。

『それはちゃんと誰のミスだか解ってるのか?なぜ起きたミスなのか解ってるのか??』


…自分のことは棚に上げ、部下のミスには目を厳しく光らせる上司。


もう、私、尊敬しちゃうわ。
posted by 羊 at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月29日

IT合戦

職場は年配の職員が多く、さらに年配の人がよく出入りするのでけっこうパソコンのことや携帯の使い方なんかを聞かれる。
もうこれで食べていけそうな勢い。

ある日、上司の知り合いのおじさんがやってきた。
手にはDVD−R。

おっさん『これ(DVD)、パソコンでも見られるんだってなぁー』
生憎、うちの職場では、DVDが再生できるパソコンが無い。
羊『すいませんけど、うちのパソコンでは再生できないですね。』

おっさんのこうげき
『何であかんのや。CDもDVDもおんなじ形やろうが。』
ひつじは5のダメージをうけた。

ひつじのはんげき
『CDは読み取れるんですけど、DVDはちょっと…』
おっさんはこうげきをかわした。

おっさんのこうげき
『なんで同じ形やのに、あかんのや。』
ひつじは10のダメージをうけた。

ひつじのはんげき
『このパソコンは、DVDを見られるパソコンじゃないんですよ』
おっさんにはまほうがきかない!
おっさんはまほうをかわした。

ひつじ に Pさんがなかまにはいった!
Pさんのこうげき
『いやぁ、CDとDVDってのはまったく違うもので…(以下略)』
おっさんはPさんのこうげきをかわした!

(5分ほど、延々説明が続く)

おっさんのこうげき
『もう、お前らの言うことはわからん』
ひつじはせんとうふのうになった
Pさんはせんとうふのうになった

パーティは ぜんめつした…
posted by 羊 at 11:25| Comment(14) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月25日

ひつじ せっぱ!

お客さんからもらったプリンがひとつあったのでPさんにあげた。でも見てたらちょっと食べたくなってきてしまった。人間の単純な心理で。

羊『やっぱり食べたいから、ちょっとだけ残してー。』
P『じゃあ半々にしようや。』
羊『わかった。折半ね。』
P『うん。』

羊『…そもさ、せっぱん?』*ググって見たら検索結果0。
P『なにそれ?』
羊『なんか、そんな言葉ない?…』


羊『解った!たもさん、せっぱんや!』*森田一義。
P『それはないやろー』

羊『じゃあ、サモサ、せっぱん?』*ネパール料理。
P『なにそれ?』
羊『おいしそう。』

私は心にしこりをのこしたまま家路に着いた。
とかいいながらつい30分ほど前に思い出したんだけど。

気になったので家に帰って調べてみると
【作麼生】そもさん【説破】せっぱ

のことであると判明。

そもさん
〔中国、唐末以降の口語。日本では禅宗で、問答の際に用いられる〕どんなか。どうする。いかに。どうなのか。


せっぱ【説破】
議論をして相手を言い負かすこと。
三省堂提供「大辞林 第二版」より


プリンを半分こするとかそんな次元の話じゃないじゃないか。
お昼の顔を半分にしてどうするんだ、羊よ。
posted by 羊 at 21:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の賞与

正職員たちがそわそわする季節がやってまいりました。
夏のボーナスです。

私はボーナスの出ない身分なのでうらやましい限りです。

運悪く、査定額が書かれたFAXをOさん(同じくボーナス支給なし)が見てしまったらしく私に額を教えてくれました。

不倫文化活動が盛んで、資金繰りのため給料を2箇所に振り込んでもらっている上司。
その人の額を聞いたとたん、思わず
『えぇー。ご休憩140回できるやん』(1回あたり5,000円で計算)
と言ってしまった。夏本番に向け活動も本格的ですね。ぜひとも体を壊してほしいものです。

そしてお決まりの貧乏尺度。

『チロルチョコ7万個買えるやん…』
『うまい棒7万本買えるやん…』

働けど、働けど、我が暮らし楽にならず。

====
現物支給
posted by 羊 at 10:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月21日

続・コードネームは羊

以前、こんな事を書いていた私の話の続編。
職員たちの間で『外科医さん』と言われてるお客がいる。

今はもう現役を引退した小児科医のはずが。

なぜかと言うと、外科医さんはあまりにも手先が不器用な方だったのでそれが語りぐさになり『あの人、あれで手術とかしたのかなー?コワイなー』『裁判沙汰になってるかもよ?』なんていう話をしていたら誰からともなく『外科医さん』と呼ぶこととなったのである。

がんばれ外科医さん。
目指すはブラック・ジャックだ!
posted by 羊 at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月16日

ヒツジスパイラル

同僚のOさんとの会話。
O『ねぇ、羊さん、何で不景気なのに物価が下がるん?』
羊『ん?』
O『景気が悪いなら、物価上げればいいやん。そうしたら儲かるんちゃうん?』
羊『不景気で給料が下がって、物価も下げなきゃ売れないからね。』

と、延々デフレ・スパイラルについて語らされる。
5分後。思い詰めたような顔をしたOさんが口を開く。
O『私、思ってたんだけど国民一人一人に1,000万円ずつ配ればみんな金持ちになれるんじゃない?』
羊『でもそうしたら絶対物価は跳ね上がるから結局欲しいものは買えないと思うよ。』
O『え?なんで?』
羊『インフレになるから。』
O『っていうかなんで景気が良いとインフレになるの?』
羊『みんながそれだけの大金を持ってたらお金の価値が下がるから』
O『景気が良いなら安くしたらええやん。』

その後、他の同僚に『羊さん、ダメだって。Oさんにそんな難しい話しちゃー。』とたしなめられた。確かに、私の説明も難しかったかもしれないけどー。

そんなー。
がんばったのにー。経済学ー。
posted by 羊 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

監査マン フロム 唐櫃

今日は会計監査の日らしい。
朝、監事さんがやって来た。

うちの職場の人『早いですねー』
監査マン『いや、うちは唐櫃(からと)ですから、高速ですぐです。』

神戸の北区・有馬温泉の近くにからと(漢字が難しいのかひらがな表記が多い。または唐と、という表記)というところがあって、ICの上がり口はホテル街。10軒以上のホテルがずらーーっとあり、値段順に並んでいて、頂上がいちばんお高い、と友人が教えてくれた。私や友人は『裏六甲のホテル街』と呼んでいるけど、他の関西人さんはどうやって呼んでるんでしょ。
うちの職場の人『からとからだと六甲北有料道路ですか…あの、ホテルが…』
監査マン『そうです、六甲北です。(ホテルの話を流す?)』

たぶん普段から『あ、からとってホテル街の?』と言われて飽き飽きしてるのではないだろうか。まぁ、朝からの話題ではないけれど。
『兵庫県出身です』と言えば『あ、じゃあ神戸なんだ。』みたいな決まり文句だろうか。確かに、そう言われたらいちいち答えるのがめんどくさいもんなぁ。
たぶん、同じ事言われてる兵庫県民は多いと思う。
posted by 羊 at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月09日

あぁー 夏休みー

ふと、カレンダーに目をやると、もう7月9日か…。

…って、あと10日で地獄の日々が始まるやんかいさ。こんなのんきに更新なんてしてる場合ですか!もう、お子たちは半ドンですか?あぁぁ…嫌な季節…

夏休み。

私目の職場は、子どもの宿題に便利な施設です。夏になれば、もう土日って何?毎日がエヴリデイ状態。窓口では汗を通り越した汁を出しながら、アタフタ、ダッシュ、そしてダッシュ。あとねぇ、あんまり人のこといえたアレじゃないけど、もっと汗ケアちゃんとしてよ。接客中口で息するの、結構難しいんですよ。

押さないでぇー鳴り続ける電話、窓口に大挙して押し寄せる客、暑いから皆イライラ。挙句の果てに、公務員はお気楽ですね?(県立の施設なのですが第3セクターであり、正確には私は団体職員ただし嘱託職員であるのです。)お気楽な公務員がお盆や土日に働きますかねぇ。甚だ疑問です。父さん、母さん、もう私、故郷(くに)へ帰ってもいいですか?…その時は、優しく抱きしめて、慰めて欲しい…って、自分、実家暮らしやん。

羊です。ほんとに、今年の夏は暑いですねぇ。あつはなついですねぇ。
さーて、今年の夏休みはー
★ 70歳翁の喋りは何かの暗号?
この人がコンビニから国道に合流するのに車の流れをまったく見ず入ってきたので私は事故りかけました。
★ 不誠実な上司、部下に理不尽な八つ当たり  
ポストに匿名のアンケートで苦情が殺到!
★ 羊、やせる(の予定)
やつれるのか暴飲暴食で太るのか…

です。グーワックック(饅頭を喉に詰まらせる音)。
posted by 羊 at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月03日

メルヘン翁の巻 または 羊イカリング

今の職場に来て以来、大人の事情という名の子供じみた確執をよく目の当たりにする。

私は元々争い事が嫌いでめんどくさいと思うので、どんな嫌いな人でもうわべだけは偽笑顔を振りまいているし仕事上必要最低限の話はする。陰でどんな罵詈雑言を吐こうとね。大人だもん。続きを読む
posted by 羊 at 11:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月30日

今日輝いていたお客大賞

今日は、なんだかドタバタした1日でした。

中でも、私の興味と怒りを買う方がいらっしゃって。
『予約を入れたつもりなんですけど』

という電話。

↓↓
続きを読む
posted by 羊 at 21:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月26日

おう ちゃくこ

私は、ものすごい横着だ。

例えばものを運ぶ時、1度で済ませたいから一気に抱えて案の定落としてしまい結局手間がかかる。

今日も同僚が『後で持っていくから置いときや』という声を振り切って歩き出したら荷物を落としてしまった。
結局手間がかかった。
しかも、商品を壊してしまった。デストロイヤー・羊である。
この場を借りてお詫びします。すいませんでした。

昔書店でバイトしてた時、往復するのが面倒だからといっぺんにコミックやボーイズラブ小説やエロ文庫本を抱えすぎてよく床にぶちまけたものである。

人間には学習能力というものが備わっているはずなのだが。
posted by 羊 at 10:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月20日

フォルダー5

わが職場には何割か自席の整理ができない部類の人間が存在する。もちろん私もその部類に含まれているのだ。

関係ないけど髪切りましたしかし一人ツワモノがいて、自席の引き出しが開かないくらい書類などを貯め込んでいる。
しかし特筆すべきはパソコンで、普通データを保存するのにフォルダを作って整理していきますよね。この仕事は、ここ、とか。いくつかフォルダを作って分類していきますよね。

そのツワモノのデスクトップには『新しいフォルダ』というフォルダがたくさんあり、その数実に15。すなわちデスクトップには新しいフォルダという名称が15個あるわけです。ずらーっと、新しいフォルダ 新しいフォルダ(2)…(略)新しいフォルダ(15)まで存在してるということだ。

そんなツワモノ齢50前にして、上司から『パソコンのデスクトップの整理をするように』という指示を受けていた。

こんな話を聞いてると自分はまだ片付いているという錯覚に陥るから怖い。
posted by 羊 at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月19日

なまむぎ なまごめ なまひつじ

最近同僚との間で早口言葉が流行っている。

未だにパーフェクトに言えないのがこれ。
老若男女が集中治療室で手術中。

滑舌の悪い私が言うと
ろうにゃくにゃんにょがしゅーちゅーちりょーちちゅでしゅじゅちゅちゅー。

自分が考案した早口言葉が言えないというのはゆゆしき事態であるだろう。

よし、練習だ。

ろうなくなんのが…。

人間、向き不向きがある。
posted by 羊 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月15日

羊@就業中

知らないところを旅してみたい…

どうも、こんにちは。たそがれ羊です。最近はこのように、現実逃避をする妄想ばかり抱いています。
私の仕事は比較的暇なのでこうやって更新したり、よそ様のブログにコメントをつけたりとやっているわけです。今日は、上司の目を盗み、愚弟に頼まれた学校のレポートをさくさくっと片付けているわけです。いや、すいません語弊がありました。まったくもってさくさくっと片付くわけがない。言い訳するわけじゃないけど、大学受験から8年もの月日がたっているわけですから。十分言い訳です。寝ている間に、妖精さんがやってくれたらいいのに…。と、再び現実逃避。

うちの職場は清掃業者さんが毎日清掃してくれるのですが、今日女子トイレに行って用を足し出てくると清掃のおじさんが普通にいたってナチュラルにトイレットペーパーの整理なんてしていました。
私の気配に気づいても、おじさんはノーリアクションでした。高木ブーもびっくりするくらいのノーリアクションぶり。

一瞬、男子トイレに入ったのかと思いました。
男子トイレに入るくらいなら、男子更衣室に間違って入ってみたいです。
posted by 羊 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月06日

コードネームは羊

昔から職場で客に勝手にあだ名をつけるのが好きだ。

田中さんという人は同僚が間違えて「鈴木さん」と呼んでしまったが為に「ラッツ&スター」と命名され(鈴木雅之のせいだ)、窓口に来ては細かい事をウダウダ文句をつける客は「小姑」呼ばわりだ。

しかし、最も多いのは名字に「〜っち」や「〜やん」などの命名。
普段からそれを会話に取り入れているので、その人の目の前で間違えて呼ばないように気をつけなければいけない。

昔居酒屋でバイトしていた時、古田さんという客の事を「ふるちん」と呼んでいて、それだけは間違えて呼ばないようにと細心の注意を払っていた。

いや、ふるちんは別に露出狂ではないんだが。
posted by 羊 at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月05日

獲らぬ狸の皮算用

同僚が新聞をパラパラめくり、『あ、サマージャンボ今日までか…』と呟いた。

1等は3億円。3円置くんちゃいまっせ(@トミーズの漫才)。

『資金があるだけでもうらやましいよ』などと話していると彼はなぜか自信ありげにこう言った。

『3億円当てたら、羊さんに100万円あげるよ。』

気持ちはものすごく嬉しいんですが…

…。
それなら、その資金で焼肉をおごる方が高感度アップするんでないかい?ウフフフフ。

ちなみに、我が家では真剣に3億円の使い道をめぐってケンカをした事がある。『親戚のあそこは金に汚いから黙っとけ』だの『とりあえず、私からおベンツを買って…』などNHKのしゃべり場顔負けの熱い論議を交わすわが家族。まだ宝くじ買ってないのに。

嗚呼庶民のささやかな幸せ。
posted by 羊 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月28日

偉いさん

以前、こんなことをここで書いたのだが、昨日もこんな事があった。
『はい、○○(会社名)でございます。』
『あー、えー、何?』

何、って、こっちが何?って聞きたいですよ。結局、用がある課の名前を思い出せなかったらしく、えらく横柄に『あのー、何課だっけ、○○課。そこつないで。』と言った。

こういう偉いさん(偉いのは態度だけかもしれないが)って実はマゾヒズムだと聞いたことがある。普段他人から叱られたりという経験が皆無に等しい為、女の子に叱られたいのだとか。

それなら私が叱りつけてさしあげるのに。わざわざ高い金を払ってまでそんなことしたいのか。
偉いさんってすごいなぁ。
posted by 羊 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月26日

そして誰もいなくなった

ずっと辞めると言っていた同僚が就職先が見つかったそうなので月末に辞める事が急遽決まった。続きを読む
posted by 羊 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月19日

一種の羞恥プレイか

本日のMVP今日、度肝を抜くような服装のおば様がやってきた。

私の稚拙なマウス絵ではそのインパクトが伝わらないんだけど、想像してごらん…。

上:オレンジのフリル付きブラウス(生地はサテンか?)
下:赤いトレパン(ジャージではない)
*シャツはズボンにきちんと入れる。
靴:黒いローファー
その他:黄色いアイシャドー

赤いトレパン、解りやすく説明するとテツandトモのテツ(赤い方)が履いてる、裾のところがキュって締まったやつです。
コレ


なんでだろう

彼女に何があったのか存ぜぬが、一種の羞恥プレイではないだろうか。そうでもなけりゃあんな格好で外なんて歩けない。
posted by 羊 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月17日

メデューサ

昨日、若いカップルが窓口にやってきた。

窓口には同じく受付のOさんが立ち、私は自席で聞いていると話が受付の私たちでは対応しきれないことだったので『ちょっと解る者を呼びますね』と私が窓口に立つと、彼女の方と目が合った。え?なんで?メンチ切ってない?ガン飛ばしてない?『あなた、今彼の事ステキだと思ったでしょ?』という嫉妬?心配しなくても思ってないけど。

私は同僚を呼びに行き、無事話を済ませて帰っていった。

石にされるその後、『あの彼女…怖くなかった?無表情で』と言うOさん。
私も『そうそう、メンチ切られたし。』と、あんな愛想の無い子をよく彼女にしたものだという話になった。(関西ではすました女子より愛嬌のある女子の方が好かれると思う。)
しばらくしてさっきの同僚が戻ってきて、『実はさっきのカップルと話をしてる時彼女と目を合わせないように努力した』と言うではないか。なんだかメデューサのような扱い。いや、私も心の中で思いましたよ、石にされたらどうしよう、って。どうやら目が合ったのは3人の中で私だけらしい。3日くらい経っても更新がなければ、私は石になっているかもしれません。私の余生は石材店に飾られる、その名も羊石。
posted by 羊 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。