2004年06月15日

私の赤いお告げ

【トラックバック・■赤いお告げ@sketch-book
で、だ。
 運悪くこのエントリを読んでしまった淑女たちに質問したい。
 
 毎月の赤いお告げをどうやってキャッチしているのですか。

運悪く読んでしまいました。
もしよければ女子諸君参考にしてください。




続きを読む
posted by 羊 at 15:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月05日

私のストライクゾーン

トラックバック【■年齢制限ありますか?@sketch-book】
我らがエロ部長・march姐さんが指令を下しているではないか!なんですぐ気づいてトラックバックしなかったんだろう!この、おバカな羊ちゃん!

指令はこちら。
■ボクの/ワタシの、ストライクゾーン(許容範囲)は○才〜○才だ。


ということなので、僭越ながら私もお答えさせていただきます。

■ワタシの、ストライクゾーン(許容範囲)は26才〜40才だ。

今、25歳なんですけど姉御肌のせいか年下の男子には姉のように慕われるし、こっちもどうしても弟みたいにカワイイなーなんて恋愛感情より母性本能が勝っちゃうわけです。
年下よりも断然年上の方が好きだなぁ。高校生の頃からおじさま先生のスーツ姿に萌え、だった私ですから。

中学生?高校生?大学生?ダメダメ、もっと世の中に揉んで揉まれて少し憂いを見せて欲しい。それに、ガツガツしてるし。交わりできりゃそれでいい、って感じで苦手。なんだかさせなきゃ機嫌悪いって感じで。

年上男子大好き。
posted by 羊 at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェリーガール羊

今日の弁当にさくらんぼが入っていたので無意識のうちに口の中に入れて結んじゃった。

さくらんぼ羊さくらんぼを口の中で結べるというのはアレが上手いやらナニが上手とかいいますね。ううむ。どうなんでしょう。いや、それは否めな(…以下、割愛させていただきます)

しかし問題なのは大学に入ってすぐの何も知らないウブな時に初めてやってみていきなりできた、って事なんですよねぇ。魚民のファジーネーブルに入ってたさくらんぼでした。ファジーネーブルを飲んでいるところが初々しい。25歳の今では、ビールや日本酒でかにみそ食べて『ファジーネーブルみたいな甘い酒を飲む男子は断じて許せん!』とクダ巻いてますからね。

ってことは。生まれもっての才能だろうか。いや、無いよりは有る方がマシ、才能。
しかし履歴書には書けないのでこれから転職するときに備えて、もうちょっとまともな特技が無いかしら。

追伸、スパゲッティも口の中で結べます。
posted by 羊 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月29日

片手派・両手派

皆様、『ブラジャーを外すのは片手か両手か?』に清き一票を投じていただきありがとうございました。

ここで、集計させていただきます。
みなさんの意見がいろいろあるようですが、あくまで羊・主観での振り分けでございます。

投票数・13
片手派・8
両手派・4
その他・1

ちょっとエクセルでグラフとか作ってみました。
グラフ

【まとめ】
片手派の圧勝です。意外な結果。
とはいえ『でも、できることなら片手で外してみたいです。(EMILさん)』のような『片手でやりたいけどなかなかね…』派が多い。
女子は『あたしとしましては「カッコイイのは片手」だと思いますが時間がかかってイライラすることも多々あるので
あまり気にせず無理なら両手ってかんじでお願いします(笑)
(豆華さん)』のような『ほんとは片手だといいけどできないなら両手でもいいよ』派もちらほら見られますね。
『もたもたせずに、片手でパチリと外してください。(marchさん)』という漢な女子もいらっしゃいます。

そんな中でも両手派は『柚姫は両手がいいです。前から脇に手を入れて抱き込むようにして外してくれたら嬉しいな。
(柚姫さん)』のような触覚尊重派意見が見られます。うん、解ります。
『片手で「パチン」「はらっ・・・」ってのもいいですが、
味気な〜い。つまんな〜い。。(Co-Tangさん)』というムード派意見も。

あ、その他は『外しません。(ペンネーム 夜の教科書 さん)』です。

しかし、ほぼ皆さん『さりげなくいきたい』という感じでしょうか。私のように『むしろもたつく姿が良い』という方は現れなかったですね。ちょっと変わった好みをしているようですね、私。こんなまとめでいいのだろうか。

参考・ゆゆしき羊ブログ『どっちがタイプよ?』コメント
本文/どっちがタイプよ?
posted by 羊 at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月26日

姐さんについていきます。

march姐さんのおかげで、初めてここにたどり着いた方もたくさんいらっしゃる事でしょう。コメントをつけてくれた方ありがとうございます。そして『なーにエロい事やってんだ』と冷ややかに通り過ぎた方も遠巻きに事の顛末を見守っている方も。
もう少ししたら、集計してみようかと思います。しかし、予想以上の片手派からのコメントが多く両手派推進派としては少し寂しい限りです。

ところで、ペンネーム 夜の教科書 さん、その教科書はどこに売ってるんでしょう。私もぜひ読んでみたいものです。
posted by 羊 at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月25日

続・どっちがタイプよ?

どっちがタイプよ?
匿名でも結構ですのでよろしければご意見ください。男女問いません。
posted by 羊 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月21日

どっちがタイプよ?

【トラックバック・片手でやる@ザ・ウィークデー・オブ・エーミール】
世の中には、片手でやる方がかっこいい事がたくさんある。

とEMILさんは書いておられますが、ここでひとつ女子として問題を提起したい。
交わりのとき、男子がブラジャーのホックを片手で外すのは片手?両手?どっちがかっこいいか?

個人的な意見としては無し、絶対無し。気分が盛り下がるから。
男子が女子のブラジャーのホックを外す行為なんてまずこんな時しか無いだろう。『俺って慣れてんだ』というのを前面に押し出されているような気がしてかなりイヤなんだけど。若さ故の強がりか?
女子友達に聞いたら『えー別にいいけど』っていう意見もある。これは個々の価値観の問題だろうか。

みなさんどうでしょう、男子・女子問わずに意見を頂きたいのですが。
posted by 羊 at 20:05| Comment(16) | TrackBack(1) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月15日

ゆゆしき羊の 萌える道 萎える道

今から思えば、私は男子に対してどこか冷めた子供だったように思う。

小学生の頃『なんで男子ってこうもコドモなんだ』とずっと思っていた。ちょうど年代的に女子より偉いという根拠なき自信があり、征服欲も出てくるのだろうか。
とにかく球技などの団体競技・スポーツが反吐が出るくらい嫌いだった。ミスしたら、男子はすぐ叩くし。怒るし。たかだかドッヂボールごときで、熱くなりやがって。と、口に出したらまた怒るので黙っておいた。
しかも、学校の帰り道ではやたらと『俺の前を歩くな』といじめられた。じゃあ普通に抜かせよ、と思うんだけどな。でもきっと男子は偉いんだという事を主張したかったのだろう。でもきょうび『俺の3歩後ろを歩け』ってのも流行らないかと思う。

中学生の頃、ある男子の後輩が私を見るたびにやたらと声をかけたりちょっかいをかけてきたりした。私はずっとその後輩に嫌われてるのかと思っていたので『嫌いなら、なんでわざわざ話しかけてくるんだろう』と思っていた。
卒業間近の頃、英語コースへの進学が決まった私に後輩は『先輩の英語の教科書を僕に下さい。』と。『この子も英語コースに行きたいのかな。』ぐらいにしか思わず、結局何事もなく卒業式を迎え、私は卒業した。
今思うと、中学生なりの思いの伝え方だったのだろうか。『好きな子ほどいじめたくなる』という男子の思春期における微妙な心理だったのだろうか。それが解っていればもう少し優しく接する事ができたのかもしれない。


そんな冷めたコドモは25歳になり、友人が『仲良くなった人なら解るけど結構腹黒いもんな。人前では優しいこと言っといて陰ですごい事言ってるから怖いよ。』と言われる大人に成長した。
父さん、母さん、こんな娘に育ててくれてありがとう。
posted by 羊 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月14日

何かが違うような…

こんなコミックが発売になるらしい。

5000人を抱いた男/デザートコミックス

デザートコミックス、ってあなた。
講談社の少女向けコミックですよ。確かに性に対する少女たち向けのコミックが多いように見受けられますが。

しかも、その、5000人を抱いた男が。

あの、加藤鷹ですよ?
見たことない人の方が少ないだろう、超有名AV男優。
いいのだろうか、少女漫画なのに。私の知らぬ間に、少女たちは変わっていったのですね。

加藤鷹といえば、昔バイトしていたホテルの地下階でバーにやって来る男子を思い出す。
彼は加藤鷹似で、どうやら出張で来るらしく、ホテルの宿泊客らしい。月に2回くらい、香水を臭わせながら(匂いってもんじゃない)女の子を連れてやって来る。連れてくる女の子がゴージャスであればあるほど香水がきつい。それで店員同士『あ、今日の鷹さん気合入ってんな』と噂していた。女子バイトは私しかいなかったのだが、私が席に行くたびに私の顔を見てニヤニヤしながら女の子といちゃいちゃするといういささかお変わりな性癖をお持ちの方だった。(ちなみに他の男子が行ったらあっさりしている)

当時21歳ある日、また鷹さんはすごい香水を臭わせてやってきた。連れている女性は、若輩者の私ですらわかるくらいすごい人だった。要するに、プロの女性だったように思う。
呼ばれたので席に行くと、もうほろ酔いの鷹さんは女の人の胸元に手を入れて、キスしながらこっちを見てニヤニヤしながらおかわりを注文した。

今でも後悔している。
見てやるから金よこせ、と。

貧乏な私の貴重な資金源だったかもしれないのに。
posted by 羊 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月13日

電話が好きな女子 電話が嫌いな男子

電話応対をしていると、電話口でモゴるのはたいてい男子・おじさま諸君だ。

『あのー(5秒沈黙)えぇーと、えーっとですねぇ、…(ふりだしに戻る)』と、なんだかもじもじしてらっしゃるので、緊張してるんだろうか?え、もしかして愛の告白?なんて勘違いするくらい挙動不審。本題に入るまで1分くらいかかる。困ったものだ。

きっと男子諸君って電話をかけること自体慣れてないんだろうけど、用があって電話してきてるわけだからもう少しスムーズにできないものかと思ってしまう。
もしくは、私の声が麗しい(もしくは怖くて)から緊張してるんだろうか。バリバリ営業用スマイル声ですけど。

電話をかける時、それが例えば好きな男子への場合。
無理矢理用事を作ってかけたのに用件だけであっさり切られたらなんだか切ない。でも、男子に聞いてみると『電話なんて用件だけ済ませたらいいのになんで女は長電話するんだ?』ということになるらしい。でもたぶんそれは脈がないってことなんだろうな。と思っている。
だからといって用は無いけど声を聞きたいなーなんて思って電話してもたいてい『で、何か用?』なんて言われる。ここで素直に『いや、声が聞きたかったんやけど…』とは言えないので『いや、何してんのかなーと思って…』なんて遠回しに言うも『用が無いなら切るで』と冷たくあしらわれジ・エンド。これもたぶん、脈が無かったんだろう(もしくは鈍いのだ)、残念ながら。男子諸君、この辺の微妙な心理解ってちょうだい。いや、好きな女子からならこんな風にあしらったりしないのだろうか。謎は深まるばかり。

最近は携帯電話のおかげで、すぐ相手と繋がることができるけど私が高校生くらいの頃なんてそわそわしながらおうちに電話してたもんだ。親に聞かれないように公衆電話まで出かけて、この時間ならまだごはん食べてるのかな、もうこの時間なら遅いかな、お風呂かな、とか考えて(ちょっとお風呂上がり姿を妄想)。そして緊張しながらかけたら、お母さんが出てドキドキした。
面倒だと言えば面倒だが、それでも楽しかったものだ。今の若人には経験できるまい。

一人暮らしを始めてしばらくは固定電話しかなかった。
昔つきあってた男子の家に遊びに行き、夜分遅くに帰宅したら留守電が。
相手はさっきまで会っていた男子。テープにはひとこと『おかえり、無事帰れた?』とだけ入っていた。時間差攻撃。こういうさりげなさのに弱い羊。
今でもパソコンのメールに『おかえり』って書いてあるとめちゃめちゃ嬉しい。飛び上がる。というのは大げさだが。相手と常に繋がることができないからこそ感じる人の温かみ。今の若人には経験できるまい。

とか言いながら今は携帯電話が無いと辛いんだが。
posted by 羊 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月07日

ひとり…

sketch-bookさんの■ひとりの時間を有意義にへトラックバック。

ボクのひとり上手スタイル

…私は女子なんで対象外ですが。そもそも恋人や妻がいようが男子は常にしている、という見解で、そのような痕跡があろうとも咎める気も皆無だし「満足できなかったのかしら」と落ち込んだりもしません。

ただね、問題は、お惣菜なんですよ。

10代の頃におつきあいをしていた男子は、昔から「あいつはオカマだ」という噂が立っていたんですが。姉が二人いたのできっとお姉さんのおさがりを着せられて女の子みたいーあの子、って言われてたのかな、とあまり気にしてなかったんですよ。たとえ名前を出しても彼のことを解らない人が「あの、○○中学のオカマみたいな人」と言うと合点のいく顔つきをしててもね。

ある日その彼が泊まりに来て、夜は若い健全な男女が夜を共にしたわけでそれ以上は言いますまいなんだが、とりあえず朝目が覚めて、おはよう、と言いました。
恋人同士の朝ですから、ピロートークとでも言いましょうか、そんな感じで、たわいもないお話をしてたわけです。

「ねぇ、昨夜どんな夢見たの?」と私が尋ねると、真顔で
「え?ああ、男とエッチする夢。」と何の衒いもなくのたまう彼。たとえそんな夢見たとしても、黙ってなさいよ。

ということは、彼のお惣菜は、男子も含まれるということ…。
びっくりしてそれ以上は聞けなかったけど、女子としてはかなり複雑な体験だった。のだった。
posted by 羊 at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

考察・下ネタ

下ネタ好きなのとざっくばらんな性格のおかげで、下ネタにはかなり食いつく羊。

しかしたまに誤解を受けて、『こういう話好きならお好きなんだろう?』と思い込まれた結果『ついてるもんついてりゃ誰でもいいんだろ?』と言われる。で、あたかも私が誘ったかのような態度でお誘いを受ける、いいじゃん、1回くらい、と。毅然とした態度でお断りする。

ちがーう、ちがーうの。私が目指してるのはムッツリ系なの。エロエロ光線丸出しの男子は好きじゃないの。ぱっと見ストイックそうな男子がさりげなく下ネタを振るのに萌えるのだ。でも自分はざっくばらんに話すというこの身勝手さ。

エロはギャップだ、とかねがね声高に主張し続けている。(羊主観・調べ)

男子のヌード写真集を見てもさしてドキドキしないのはこのためで、予め脱いでいる男子を見るよりは、男友達や同僚など、普段まず脱いだ姿を見ない人の場合見えない箇所(例えば服がめくれて少し腹が見えたとか)が見えるとひどくドキドキするものだ。暑くなってきて半袖になった日とか。恋してるわけじゃないけどなんかドキっとする。

男友達に『羊も女の子なんだから…もうちょっとおとなしくなんなさい。僕は慣れてるからいいけど、他の人は困ってるときあるよ。』と言われる。はい、ごめんなさい。

『でも羊って、自分からガンガン下ネタ言うくせに、自分の事になったら墓穴掘るもんねぇ。照れてるし…。』
はい、ごめんなさい。攻めに弱いのです。
posted by 羊 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月29日

サディスティックなマゾヒズム

先日の記事で、私はサドでもマゾでもないオールマイティだという診断が出ました。

私は小さな頃いじめられっ子で、女子からいじめられたことって無くほとんどが男子からで幼心に「男って、しょうもないことばっかするもんだな」と思っていたし、どこか冷めた目で見てたと思う。だっていじめる原因が「学校の帰り道で俺より先を歩いていた」といった類の非常にくっだらない内容だし。いまどき三歩後ろを歩けってのも流行んないしねぇ。

いじめられっ子はMになりやすいという話をどこかで読んだ覚えがあって、そうなのかぁ、と思い込んでいたところもある。

しかし何年か過ぎて、男子が許しを請う姿を見るのがすごく楽しい事に気づいた。一種の防衛機制だろうけど、きっと謝っている姿に過去にいじめられた男子を投影してるんだろう。で、自分に謝っているような気になって私は満足してるんだろうな。

でも、なんだかんだ言ってもやっぱ男子が好きなんだけど。この辺の心理はよく解りません。
posted by 羊 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月24日

羊とソナタ

ペ様もしくはキッチュ最近ニュースを騒がせている一人の韓国人俳優、ペ・ヨンジュン。
これ、誰かに似てんなぁ、と思ってたら松尾貴史じゃん、キッチュ、キッチュ。

キッチュ公式HPより画像を転載させていただきました。ほらね、似てるでしょ?

しかしなぜ日本で外国人が人気になるとすぐに「〜様」なのだろう。レオ様(タイタニックで一躍人気者に)とかベッカム様(妻は元スパイスガールズ)とか。私はてっきりペ様だと思ってたよ。さっすがにペ様では呼びにくいよ。恥ずかしいし。

流行の3次元の外国人男子に様づけしてすぐ飽きるのか、2次元の男子に様づけして心ときめかし本当に恋をするか、どちらが良いのだろうか、と思いを巡らしながら眠ることとする。

いや、私は3次元の男子とほんとに恋するのがいいんだけど。
posted by 羊 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月22日

初恋の功罪

今日、用があって役場へ行くと幼なじみの男子が対応してくれた。

幼稚園の頃から仲良く、高校は同じ英語コースだったので3年間同じクラスだった。というわりにはあまり話することが無く、今日役場の窓口で話したのが実に10年ぶりのことである。

高校生の頃、友人から「あの子の初恋の相手はあんただったらしいね。知ってたん?」と言われた。なんでも幼なじみが友人にぼそっと漏らしたらしい。それを知った時何ともいえない複雑な心境に陥ったのを覚えている。それはある種の嬉しさであり、私にとっては単なる幼なじみであり恋愛感情なんてこれっぽっちもなかったという罪悪感でもあった。

幼なじみにとって私はどういう存在であるのかは定かでないが、デートの最中に松林で松葉を拾い上げ「ねぇ、松葉崩しってどうやってやるんだろうね?」なんて言うえらく品の無い女子になってしまったのは内緒だ。

あと、父親がフィリピーナに入れ込んだせいで結婚資金が不足していることなんて恥ずかしくって言えない。
posted by 羊 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月07日

100!

ゆゆしき羊ブログは本日をもって100記事目です。
ゆゆしき羊は世界一ゆゆしきサイトになりました。

seesaaに引っ越して2ヶ月あまり、ぼちぼちアクセスも増え、嬉しい限りでございます。これからもゆゆしき羊を可愛がってください。

昨日は職場の花見でした。
色気より…寒かった。良い天気だったけど。
ただすごくおなかが空いていたのでしばらくは無言で食べ続けた。25にもなって色気より食い気。

しかし私は男子の前で「もう、おなかいっぱい〜」とか言ってカマトトぶった経験は皆無に等しいと言えるだろう。
どっちかって言うと「え?もう飲めないの?もっと飲んでいい?」って感じ。良く言えば飾らない女子だけど、悪く言えば緊張感が無い感じ。

羊さん@お腹いっぱい。でも、こんな私でも一応デートの時胸がいっぱいで食欲を無くした経験があるのだ。ほんとなんだってば!
でもそんな経験は稀で、結局けっこう食べてるけど…
まだまだ、かわい子ちゃん(死語?)には程遠い。
posted by 羊 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月21日

ピンク羊

「ゆゆしき羊は方向がどんどんピンクになっているんじゃないか?」という指摘を受けたがかまわずドーン。

2ちゃんねるより

326 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:04/03/21 00:05
この間、ローカルラジオで
『「貴方のSEXの仕方」ってくらいハードな内容聞いてもよかったね』
とDJが言ったら、テツ即座に「愛撫無し!」即答


公式HPより引用テツ、とはゴスペラーズのリーダー・村上てつや氏。
誰かわからなくても「ゴスペラーズのグラサン」と言えば納得していただけるのではないだろうか。
これはファンへのリップサービス?にしてはなぁ…。
思春期の男子みたいだ。
posted by 羊 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月14日

ホワイトデー・キッス・キッス・キッス

今日は、ダブルデートのカップルズを発見。
これが俗に言う「グループ交際」というやつだろうか。しかし、こんな言葉私の年代でも聞いたことないなぁ。
私はそんな経験あったかなぁ。ダブルデートはあったような気がする。でも正直、デートは二人っきりがいい。だって、気を遣わなくていいし。

昼にヨーグルトを食べていたら顔にヨーグルトが飛んだ。あやうく「あ、がんs(以下自粛)…」と言いかけた。危ない、危ない。

春だし、ちょっと盛りがついてんだろうか。
posted by 羊 at 21:04| Comment(3) | TrackBack(1) | 男子と女子の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。